肋骨 呼吸で痛い内科でも異常なし、その原因は?

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご予約ありがとうございます。

また今月も多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

今日は「呼吸と肋骨の関係」をブログに書かせて頂きます。

内科でも異常がない肋骨の痛み

呼吸をする度に肋骨が痛く内科や呼吸器科に行かれる患者様がいます。

肋骨が痛く病院に行くことは正解です。内臓や肺などに何かしら異常があれば、

肋骨に痛みを伴うことがあります。そのため病院で診断を受けることは非常に重要になります。

肋骨の痛みで当院に来院される患者様は、内科などで異常なしと診断された方が非常に多くいます。もちろん肋間神経痛などで湿布を処方されている方もいます。

では、なぜ?呼吸をするだけでも肋骨が痛いのか・・・。

肋骨は簡単に歪む

みなさんご存知でしょうか・・・

肋骨は簡単に歪むことを・・・

そして肋骨の歪みはレントゲンでは分からないことを・・・。

そのために触診能力の高いカイロプラクティックの施術が非常に優れていることを!

上記のお写真の患者様は肋骨の痛みで来院された患者様です。

肩こり・腰痛の症状もありました。

左が施術前のお写真、右が施術後のお写真です。

比べて頂くと左の施術前の写真が猫背になっているのがわかると思います。

施術後は猫背も改善されました。そのあとに局所的な肋骨の痛みを緩和させて頂きました。

このお写真からでも分かるように姿勢の悪さでも肋骨は歪んで痛みの症状を出してしまいます。

骨盤や背骨の歪みが肩こり・腰痛の原因だけではなく肋骨の痛みの原因になります。

肋骨は猫背でいると簡単に歪んでしまいます。

呼吸や寝返りだけでも肋骨は痛い

肋骨の痛みの厄介なところは呼吸や寝返りだけでも痛みが出てしまうことです。

肋骨は呼吸をするたびに大きく広がりますが、歪みがあると肋骨周りの肋間筋(ろっかんきん)という筋肉が硬くなっており肋骨の動きに制限を掛けてしまいます。

そのために何とも言えない鋭い痛みを感じてしまいます。

また、睡眠時の寝返りでも肋骨は動きを制限されるために、体が寝返りの為に捻じれてしまうと鋭い痛みが出てしまいます。

肋骨の歪みは肋骨周りの肋間筋(ろっかんきん)という筋肉を硬くしてしまうことで痛みの原因を作ってしまいます。でも残念ながら整形外科では、この肋間筋に対しては湿布だけの対応になります。しかもレントゲンに映らない筋肉のために様子を見るだけの診断になります。

肋骨の痛みの改善は触診が大切

そのために肋骨はきめ細かい触診と肋骨だけに執着しない全身の歪みを施術するカイロプラクティックが非常に有効な緩和方法になります。

また肋骨の施術をできるカイロプラクティック院や整体院も非常に少なく非常に多くの患者様が困っているのが現状です。

当院は肋骨の痛みの症状でお困りの患者様が関西全域から来院されております。

肋骨の痛みでお悩みの方は、ぜひ当院にお越しくださいね。

でも、最初は内科や呼吸器科など病院の診断を受けて下さいね。

 

当院の肋骨のホームページです。

http://life-chiro.net/n18.htm

ぜひ、ご覧ください。

当院の住所は、

兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

阪急川西能勢口駅から徒歩2分です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です