原因不明の不妊症を乗り越えて2人目がめでたく妊娠!

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院本当にありがとうございます。

当院は、不妊整体としても多くの実績があり、多くの情報を提供するために、

色んな方のコラムを集めています。

当院のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html

今回の妊活コラムは「原因不明の不妊症を乗り越えて2人目の妊娠をされた方です

 

簡単にできると思っていた2人目

私は一人目の子供を33歳で妊娠しました。この時は計画的に、「この時期!」と狙って子作りをして見事に的中。

妊娠に苦労した印象は全くありません。

そんな一人目妊娠だったので、二人目が欲しいと思った時に、

まさか『自分が不妊である』ことに気がついてはいませんでした。

私が二人目が欲しいと思ったのは、35歳の時です。

一人目の断乳を終え、生理が再開し将来的なことを考えると、「二人目を作るなら今だ!」と思って、子作りを再開しました。

しかしそんな私たちの意に反して、なかなか二人目を授かることが出来ませんでした。

出産で体質が変わった・・・?

出産の後で、ホルモンのバランスが崩れたのかな?

それとも体がまだ本調子に戻っていないのかも…と思いながら、

不安な日を過ごしていました。

二人目を考え始めて、約1年が経過しても妊娠をしないので、健診も兼ねて産婦人科へ行くことにしました。

そこでホルモン量を見るための採血検査やエコー検査をしてみたものの、

不妊につながるような直接的な原因は見当たらないということでした。

もしも何らかの原因が明らかにわかれば、それを治療すればよくなり、私も安心することが出来たと思います。

しかしながら、明らかな原因がない、不妊である理由がわからないということが一番の不安でした。

妊活にのんびりしている時間はない・・・

それでも、既に年齢は36歳を超え、のんびりしている猶予はありません。

出来る限りのことはしなくては…と思い取り組みはじめたのが、自律神経やホルモンを整えるための生活習慣の改善です。

その中でも一番力を入れたのは『冷え性の改善と骨盤矯正』ですね。

二人目を意識し始めた時から、基礎体温をつけはじめ、産婦人科の医師からも体温が低すぎると指摘を受けていたことがあるからです。

そして不妊に対応しているカイロプラクティックでの骨盤矯正です。

一人目を出産してからは子育てで忙しく、入浴はおろそかになっていました。

子どもと一緒に入浴しても私だけが『体を温まるためにゆっくり入浴をする』ということはありませんでした。

冷え性を予防し体温をあげる為、まずはゆっくり体を温める時間を作ることにしました。

そして次に行ったことは、しょうがなど体を温めるものを積極的にとったことですね。

なるべく体を冷やすようなものは摂取せず、体を温めるものを摂取するように心がけました。また夏でも長袖とパンツということを心掛けました。

また、一人目を授乳したり抱っこしていると骨盤も歪みます。そのために月に2回ほどカイロプラクティックで骨盤矯正とリンパにある老廃物を排出しました。

自分でも出来る限りのことをしながら、病院でもタイミングをチェックしてもらい、無事に妊娠できたのは、37歳の時です。

今回妊娠したかも…と思った時には、体の暑い日が続いていたと感じています。そんな私の二人目不妊。原因はわかりませんでしたが、生活改善や体質改善で少しずつ妊娠しやすい身体に変化していったことは確かだと思います。

全体を温めることは必要なこと

上記のコラムを頂いた方は「体質改善のために体を温める」「骨盤矯正」をすることを大切にされたみたいですね。

当院も体質改善が卵質改善につながることを大切にしております。

体を温めることで重要なことが1つ・・・。

当院に来院される妊活の女性は、鍼灸院で子宮を温めている方がいます。

実は逆効果なんです・・・。そのことは当院のホームページにも掲載しております。

子宮は体の深いところにあり血液も豊富なので、とても温かいです。

その温かい子宮を無理矢理に鍼で温めてしまうと、極度に子宮の温度はあがってしまい、今度は子宮を冷やそうと脳は働きます。

お風呂も一緒ですが、体が温まってくると汗をかくのと同じです。

そのために温め過ぎると子宮はストレスを抱えてしまいます。

自然な体の温め方を取って下さい。冷えは体にストレスを与えてしまいます。

程よく自然にです。

そうすれば、体質改善になり「卵質改善」が行われます。

(「待望の2人目に出会えて幸せです!先生ありがとう」とお声を頂きました。)

不妊症で悩んでいる・・・。でも不妊症という病気はありません。

一回でも婦人科に通われると不妊症という言葉になってしまう矛盾した言葉です。

ぜひ、妊活で悩んでいる方は、当院の施術を受けてみませんか?

当院のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html

多嚢胞性卵巣症候群を乗り越えて妊娠

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院本当にありがとうございます。

当院は、不妊整体としても多くの実績があり、多くの情報を提供するために、

色んな方のコラムを集めています。

当院のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html

 

今回は「2人目の不妊で発覚した多嚢胞性卵巣症候群」を経験された方のコラムです。

2人目の不妊で気づいた症状

私はいわゆる「2人目不妊」でした。

長男を32歳の時に出産。ちょうど1歳になったころ、そろそろ2人目が欲しいなと思いましたが、自然体でとのんびりしていました。

ところが2年、3年とたっても一向に授かる気配がありません。

少々焦り出したのは、息子が3歳になり幼稚園に入った頃でした。

既に下の兄弟を抱えた子どもとママを目の当りにしたことです。

その頃から都内では有名な病院の生殖医療科に行きました。

診断結果は、【多嚢胞性卵巣症候群】でした。

芸能人の不妊症として耳にしたことがある

最近では芸能人も病名を公表されていらっしゃる方がいますが、私は初めて聞いてびっくり仰天でした。

1人目の妊娠では全く問題がなかったので、自分がこのような病気を持っているとは思いもしませんでした。

もちろん、自然妊娠ができる可能性はあるけれど、年齢のことを考えると、早く子どもが欲しいなら人工授精、体外受精等の生殖医療治療をすぐに開始すべきだと医師からアドバイスを受けました。

私自身、こうした生殖医療治療をしてまで、本当に子どもが欲しいのかどうか・・

金銭的、精神的な負担も大きい中で、治療に踏み込むべきか、本当に悩みましたが「悩んでいる時間すらもったいない」という医師の言葉に押されて、治療を開始したんです。

2年間かけて、人工受精を3回、体外受精は2回の採卵得て、複数回の胚移植。

でも無事に着床したこともありましたが、結局、思うような結果は得られませんでした。

残念な結果に、生殖医療は少しお休みしようという気持ちになっていました。

婦人科を通うのをやめて自然妊娠を目指す!!


長男はまもなく小学生。私の年齢も40歳手前。もうここまできたら、自然体でいくしかないなと気持ちの面でもちょうど、吹っ切れたところでした。

とにかく明るく健康でいることが大事!と前向きになり、規則正しい生活、カイロプラクティックでの骨盤矯正、ヨガ教室、そして仕事のストレスをためすぎないことを心がけていました。

私は非常勤で学校に勤務しているのですが、ついつい仕事を持ち帰り、長男を寝かしつけた後、夜な夜な一人で持ち帰った仕事をやり続け、夜更かしをすることがたびたびありました。

でも夜更かしをすると、じわじわと後に影響が出てきますよね。

仕事もほどほどにと割り切ってやっていくようにしました。

だんだん、私が遅くまで起きていると夫が「早く寝ないとダメだよ」と注意するようになりました。何気ない一言ですが、こうやって家族みんなで健康に気を付けながら、まず規則正しい生活を心がけました。

出来ることから食事の改善

食事面では、大きな変更はしませんでしたが、強いて言えば、コーヒーを少し減らして、その分、ノンカフェインのルイボスティーをやはり夫婦で飲むようになったことでしょうか。


こういった家族のサポートも得ながら、自然体で待ち続けた結果、幸運なことに昨年12月に妊娠の兆候があった時には驚きと喜びでいっぱいでした。

 

つらい悪阻を乗り越えて、やっと8か月に入ったところです。高齢ハイリスク妊婦ではありますが、夏の出産に向けて穏やかに過ごしていきたいと思っています!

自然体で目指すのもの1つの選択肢

上記のコラムを頂いた方は、「何とかしなければというストレスを捨てて」

本当に初心に戻り妊活に大切な食事から全て見直し、薬や注射などを辞め本来の人間の周期に戻したこと。

家族のサポートなど色んなことを幸せに感じて妊娠されたみたいですね。

当院の不妊療法も全く同じです。

人間が持っている妊娠する力を邪魔しているものをなるべく排除することで、

体質改善を行い、「卵質改善」に導きます。

(「先生!!おかげさまで無事に生まれました!!次は産後の骨盤矯正でお世話になります!!ありがとうございました。」とお声を頂きました)

不妊症で悩んでいる方、不妊症という病気はありません。

ぜひ、当院の不妊整体を受けに来院されませんか?

ライフ・カイロプラクティックラボのホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html