鼻づまりの方必見!!

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

ラジオを聞いていると、懐かしい裏技が聞こえてきました!!

鼻づまりの方に朗報です。←かなり前に何処かで聞いた事があった話です。

 

鼻づまりの方は詰まっている方の鼻と反対側の脇にペットボトルを挟んで軽く押して下さい。

そうすると鼻が通ってきます。

神経学的によると側面を持続圧を加えると反対側の自律神経が刺激され、

交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、鼻通りがよくなるそうです。

鼻炎ではない森下は試した事はありませんが・・・。

冷え性

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

患者様から冷え性で布団に入っても入眠するまで時間が掛かるというお声をお聞きします。

解決策としては・・・・。

基本は自律神経のバランスを整える方がベストと思います。

カイロプラクティック・ゲルマニウム温浴・食事(ビタミン・ミネラル・タンパク質をたくさん摂る)の三つをお勧めします。

ただ冷え性はストレスに大きく影響されるので、簡単な解決法ではありません。

やっぱり最終的には寝る10分ぐらい前に「しょうが」を取ると事をお勧めします。

できれば「しょうがミルク」とかはベストだと思います。

ミルクは副交感神経優位にするので快適な睡眠を与えてしょうがは身体を温めるので中々いい組み合わせです。

一度試して頂ければ・・・。熟睡に関してはカイロプラクティックとゲルマニウム温浴も効果的な療法ですので是非試して下さい。

 

 

 

川西宝塚池田整体・カイロ・マッサージはライフ・カイロプラクティックラボまで

頭痛

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

最近ラジオのはまってます。

頭痛で面白いお話がありましたので書かせて頂きます。

 

日本人は4人に1人が頭痛に悩んでいるそうです。(頭痛で悩んでいる人は結構多いですね・・)

頭痛で悩んでいる人の8割以上が原因が分からなく悩んでいるそうです。(カイロプラクティックを受けている人は多くの人が頭痛の改善をしております)

日本人は痛みを我慢するのが美徳と思う文化がありますが、痛みを我慢するという事は常に身体にストレスを与えているのと同じです。自律神経の乱れに繋がります。

森下も昔は頭痛の持ち主でしたがカイロプラクティックに出会ってから慢性の頭痛がなくなりました。時々頭痛もありますが、自分で首を矯正して頭痛のない生活を送ってます。

頭痛の殆どは身体や首の歪みが大きく関係してます。

是非、カイロプラクティックの素晴らしさで頭痛の根源から治しませんか?

 

 

川西池田宝塚整体マッサージカイロはライフ・カイロプラクティックラボまで

車酔いもすっぱい物

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

今週はギックリ腰の患者様が多いので朝は身体が温まるまで無理な動作をしないよう皆様に呼びかけてます。

 

前回、すっぱい食べ物は副交感神経優位に身体をもっていくとブログに掲載させて頂きました。

実際に車酔いの時も同じ事が言えます。

車酔いをするときは交感神経優位で神経が過敏状態です。

しかも一度車酔いをした人はまたますます神経が過敏になり交感神経優位の身体になってします。

昔から言われているのが、車酔いをする人には「梅干し」と言われてます。

まさしく交感神経優位の身体を副交感神経優位の身体にもって行く方法で車酔いを予防をしてます。

森下の場合はいつも長距離バスに乗る時は「塩」をもっていきます。

塩は好き嫌いがない食材なので、バスに乗っている誰にでも渡すことができるからです。

少し塩をなめるだけでもバス酔いの気分から脱出できます。

ストレスは酸っぱいものをとる

カイロプラクティックはもちろん美容や小顔矯正も頑張っているライフカイロプラクティックラボの森下です。

このご時世はストレス社会です。

でも森下はほとんどストレスはない・・かも・・・。

恐らくカイロプラクティックが好きだからです。

今回は「ストレスはすっぱいものを食べる」です。

何故、ストレス発散にすっぱいものを食べるといいのか?(まずい物とは違います)

人間の身体は酸味は少し不快なものになります。

不快なものを排泄しようと身体は働きます。

その時は身体は排泄しようと副交感神経に働きかけます。

ストレスは交感神経優位なので無理やり副交感神経優位に身体をもっていく方法です。

実際、ストレスのある時は口は渇きますが、梅干しをみた時は口の中は唾液が出てきます。まさしくすっぱいものを見て副交感神経優位になっている証拠です。

ストレス発散は日頃の工夫から解除できるものです。

食物繊維も免疫力を高める<2>

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

前回はお通じの事を書かせて頂きました。

今回は「食物繊維は何故免疫力を高めるか?」

食物繊維は消化されずに腸に行きます。

でも腸は何とか消化しようと働きます。その際に腸が活発になるので蠕動運動が働きます。

その為にお通じが良くなるます。これは前回のブログです。

元々、内臓の働きは副交感神経優位です。

その為に腸を無理やり活発に動く方法をとって上げる為に食物繊維をとります。

そうすると身体は自ずと副交感神経優位になります。

副交感神経優位になると自ずと自然治癒力が上がります。

自然治癒力があがると免疫力が上がります。

人間の身体はまだまだ知らない事が多くあり面白いです。

 

もちろん基本は背骨を矯正するカイロプラクティックが大切です。

整骨院や整形外科、心療内科では背骨の矯正はできません。

 

食物繊維も免疫力を高める<1>

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

最近は川西市以外にも宝塚、池田、豊中から患者様が増えてます。

 

便秘の時に食物繊維を多く摂取するとお通じが良くなると言われてます。

その仕組みとして・・・知らない人が多いと思います。

食物線維は体内で消化する事はできません。

でも何とか腸は消化しようと活発に動きます。

腸が活発に動くという事は蠕動運動が活発になりお通じがよくなる仕組みです。

本題の「食物繊維が何故?免疫力を高めるか」は次回に書かせて頂きます。

人種によって違う副交感神経と交感神経

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

カイロプラクティックという職業柄どうしても神経系の本などをたくさん読んでしまいます。。。

面白い本がありました!!

「大陸の人種によって交感神経と副交感神経の強さが違う」という内容の本がありました。

まずは日本人・・・日本人は交感神経と副交感神経のバランスがとれているそうです。

春夏秋冬の季節があり対応できるためと思われます。

アメリカ人・・・アメリカ人は元々ヨーロッパ大陸の極寒に暮らしてましたが、温暖なアメリカ大陸に移住した事によって副交感神経優位の身体に適応されてます。

極寒のアメリカ人の祖先はヨーロッパに住んでいたことから、寒さから身体を守る為に脂肪を多く蓄える身体と進化していったと言われてます。

もちろんヨーロッパの方は寒さから身体を守る為に交感神経優位の身体になっています。

何故、ストレスが溜まると暴飲暴食をするのか・・・

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

「何故、人はストレスが溜まると暴飲暴食をするのか・・・」

僕の永遠の課題です。

現代社会は過度のストレスの中で生活をしてます。

その為にストレス回避の為に暴飲暴食をします。

人間は食事をすると内臓を動かす為に副交感神経優位になります。

副交感神経は身体はリラックス状態になり自然にストレスが緩和されます。

ストレス回避をする為の生理現象となりますが、暴飲暴食は後々身体に大きな負担が掛かりますので注意が必要になります。

森下の場合はストレスが殆どありませんが良く甘いものを食べてしまいます。。。。

何故食後は眠くなるのか・・・

誰もが経験する昼ごはんの後に耐えれないほどの睡魔が襲ってくる現象・・・。

「何故?」と疑問に思った事はありませんか?

簡単にカイロプラクター森下が説明します。

人間の身体は眠たくなる時は必ず副交感神経優位になります。

日中の生活で一番副交感神経優位になる時が食事の後です。

何故かと申すと・・・、内臓などの消化器官を動かすには必ず副交感神経が働きます。

交感神経優位だと胃を痛めてしまうからでず。俗に胃潰瘍など・・・になります。

副交感神経は身体をリラックス状態になるの睡魔襲ってくる生理現象です。

だから、食事のあとの15分ぐらいの睡眠は身体にいいと言われてます。

「食事の後の睡眠の何がいいか・・・?」

食後の睡眠のいいところは、日頃ストレスで交感神経優位の身体を少しでリラックス状態の副交感神経に戻すことで身体を過度のストレスから守ることができるからです。

食後で眠い時は15分!!許されるときは仮眠を取ることはお勧めします。