首を回すと背中と肩が痛い

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くのご予約ありがとうございます。

また、毎月多くの患者様のご紹介本当にありがとうございます。

最近は、患者様に「どなたかたのご紹介ですか?」と伺うと

「複数の人からいいって噂を聞いたので」と嬉しい言葉を頂くことが増えています。

益々、頑張ってより皆様を健康に導きたいと思っております。

 

本日のブログは「首を回すと背中と肩が痛い」という症状について書かせて頂きます。

首の歪みより複雑な背中の歪み

当院に来院される患者様の中でも「首を回すと首が痛い」という患者様が多くいます。

実際は、首を回すと首だけでなく、「肩や背中も痛い」という患者様も多くいます。

体は全てが繋がっています。

そのために首を回すと色んなところが痛くなる場合が非常に多くあります。

でも共通して多くの方は下記の事があります。

  • 姿勢が悪い
  • 猫背になっている
  • 足を組む癖がある
  • スマホばかりしている
  • パソコンばかりしている
  • テレビを見る時間が多い

など、日頃の悪い姿勢や日常生活で、骨盤が歪んだり背骨が歪んだりします。

骨盤や背骨の歪みに気が付かずに生活をしていると、

今度は肩甲骨が歪んでしまいます。

肩甲骨の周りの歪みは首にも影響する

上記のイラストは、左側の背中のイラストです。

青色の三角で囲んでいるところが肩甲骨になります。

たくさんの筋肉で囲まれているために肩甲骨を触診するもは難しいです。

豆知識として、肩甲骨の上には、

棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)という筋肉があり、五十肩の症状にも大きく影響する筋肉がたくさんあります。

その肩甲骨は、骨と骨との関節面が非常に少なく筋肉よって支えられている大きな骨です。

そのために日常生活で、猫背や足を組んだりしていると骨盤や背骨が歪みます。

そして筋肉で支えられている肩甲骨は簡単に歪んでしまい、筋肉がカチカチに固まってしまい大きな影響を与えてしまいます。

例えば、上のイラストで示している矢印の方に肩甲骨が歪んでしまうと、

赤色の丸の部分に負担が掛かり、首を回すだけで痛みが出てしまいます。

体は痛いところだけが原因ではない

上記の患者様は、病院で頚椎症(けいついしょう)と診断されて長年の間、首を動かすと背中や肩が痛かった患者様です。

施術前の写真と施術後の写真を見て頂くと全く違うの分かります。

左の施術前の写真は、猫背で首に負担が掛かっているのが分かります。

右の施術後の写真は、肩の上に首が乗って首に負担が掛かっていないのがわかります。

体の痛みは全て、体の歪みによって発信している「助けて」のサインです。

これ以上、私の体が歪むと体が大変なことになる」というサインです。

そのサインの一つが、首を回すだけでも、首や肩や背中が痛くなるという症状が現れます。

また、「首が痛くて全く動かない」という症状は非常に危険です。

いち早く整形外科でレントゲンが必要になります。

レントゲンを撮って異常がなければ当院で施術をさせて頂きます。

人間の体は全てが繋がっています。

肩こり・腰痛をはじめ、首を回すだけでも痛い患者様は、ぜひ、当院のご来院下さい。

当院の首の痛みに関するホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n2.html