腰が痛くて座れない 

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、本当に多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

今週は、川西市、三田市、池田市、宝塚市、西宮市をはじめ多く地域の患者様が、

来院して頂いております。

本日のブログは「腰痛」について書かせて頂きます。

腰痛は腰痛でも「腰が痛くて座れない」症状のお悩みです。

先に、ライフ・カイロプラクティックラボの腰痛のホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/n4.html

お尻が痛みとだるさで椅子に座れない

椅子に座れないほどの腰痛に悩む方は、どんな方が生活を送っているのか・・・。

  • ずっとデスクワークで仕事をしている
  • ずっと立ち仕事で仕事をしている
  • ずっと座ってテレビを見ている
  • 新幹線などの出張が多い
  • 足を組む癖がある
  • 猫背になる

共通することは、お尻周りの筋肉が硬くあることです。

そして、もう一つ坐骨神経痛になる方に共通していることです。

お尻が硬くなると坐骨神経痛にある

上記のイラストは、お尻から見た骨盤のイラストです。

姿勢の悪い方は、どうしても骨盤が歪んでしまいます。

骨盤が歪んでしまうと、骨盤周りの筋肉は、骨盤が歪まないように

一生懸命に働き、筋肉でカチカチで固めてしまいます。

骨盤が正しい位置で筋肉がカチカチになれば、大きな問題はありませんが、

歪んだ骨盤が歪んだまま筋肉で固められると、痛みなどの症状が発生します。

そして深層が硬くなってしまいます。

特にイラストにある梨状筋(りじょうきん)という筋肉が硬くなると、

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)という症状に悩まされます。

梨状筋の筋肉の下には坐骨神経がある

上記のイラストは骨盤の右側です。

イラストにある梨状筋(りじょうきん)という筋肉の下は、

黄色の色を示している坐骨神経(ざこつしんけい)があります。

この梨状筋が異常なまでに硬くなると坐骨神経を圧迫してお尻全体に、

だるさや痛みなどの症状に悩まされます。

ただ、この梨状筋はインナーマッスルという深い筋肉のために、

湿布やマッサージでは効果が薄く非常に悩まれている方が多くいます。

インナーマッスルという深い筋肉だからこそ、根本的に骨格や骨盤から解決できる

カイロプラクティックの施術が重要になります。

  • ずっとデスクワークで仕事をしている
  • ずっと立ち仕事で仕事をしている
  • ずっと座ってテレビを見ている
  • 新幹線などの出張が多い
  • 足を組む癖がある
  • 猫背になる

上記のような姿勢で生活をされている方は、梨状筋という筋肉がカチコチに固まっている可能性があります。

腰が痛くて座れない症状でお悩みの患者様は、

ぜひ、当院にお越しくださいね。

当院の腰痛のホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/n4.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です