腰痛が辛い、産後の骨盤矯正をしていない

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、最近は川西市をはじめ、池田市・宝塚市・西宮市・三田市・伊丹市など

多くの地域の患者様が来院して頂いております。

本日のブログは、「産後の骨盤矯正」について書かせて頂きます。

産後に骨盤矯正をする時間や、骨盤の重要性が分からなく、

骨盤矯正をされていない方も多くいます。

その殆どが腰痛に悩まされているみたいです。

出産時に骨盤は大きく緩みます

多くの方がご存知と思いますが、出産時に骨盤はホルモンの影響により、

靭帯(じんたい)や関節(かんせつ)が大きく緩み骨盤は開きます。

そして赤ちゃんが産道を通ります。

そして出産後はゆっくりとホルモンの分泌が終わると同時に骨盤は、

自然治癒力で緩んだ靭帯や関節が元に戻ろうとします。

ここで問題があります。

赤ちゃんが産道を通ると同時に母体にも大きな負担が掛かります。

骨盤周りの関節、靭帯などあらゆる組織に負担が掛かり出産をされます。

その大きな負担が骨盤を正常な位置に戻らない理由の一つになります。

産後の骨盤矯正は重要

上記はお尻から見た骨盤のイラストです。

骨盤は3種類の4つの関節で支えられています。

  • 赤色で示している腰と仙骨(せんこつ)・尾骨(尾骨)を繋ぐ関節
  • 青色で示している骨盤と仙骨を繋ぐ関節
  • オレンジ色で示している恥骨(ちこつ)と恥骨を繋ぐ関節

この関節によって骨盤は安定を保ち、体を支えています。

そして綺麗な骨盤だと肩こり・腰痛もかなり軽減されます。

出産で骨盤は歪んでしまう

多くの方は、耳にしたことがあると思います。

  • 足を組んじゃダメ
  • 姿勢を正しなさい
  • 片足に体重を掛けちゃダメ
  • お姉さん座りをしちゃダメ

なぜ、このような姿勢をするとダメなのか・・・

その理由は姿勢が悪くなり骨盤や背骨が歪むからです。

歪んだ姿勢のまま妊娠して出産すると、

緩んだ骨盤はさらに歪んだままに固定をされてしまいます。

そのために妊娠前から定期的にカイロプラクティックのメンテナンスは重要になりますが、産後の後でも手遅れではありません。

ただ、少し腰痛や肩こりが酷い場合があります。

でも、安心して下さいね。

当院のカイロプラクティックがあります。

カイロプラクティックで産後の骨盤矯正

上記の患者様は出産後に骨盤矯正で来院された患者様です。

左の写真が施術前で右の写真が施術後の写真です。

右利きの患者様なので、いつも左腕で子どもを抱っこしているそうです。

そのために産後矯正の骨盤ベルトを使っても骨盤は歪んでしまい、

猫背になり左肩が下がっているのが施術前の写真から分かります。

また、日常の生活で歪んでまま出産すると、歪んだまま元に戻りますが、

赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしていると必ず骨盤ベルトだけでは補正できない、

骨盤の歪みが出てきてしまいます。

そのためにどうしても骨盤矯正は産後の女性には、必要不可欠になります。

また、骨盤を矯正できるのはカイロプラクティックだけになります。

産後の骨盤矯正をお考えの方や、産後に腰痛や肩こりでお悩みの方は、

ぜひ、当院のカイロプラクティックの施術を受けませんか?

当院のカイロプラクティックは、バキバキしない非常に優しい施術方法を使います。

 

産後の骨盤矯正のホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/sango.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です