足の裏がいたい

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また毎月多くの患者様のご来院ありがとうございます。

最近は、【足の裏が痛い】という患者様が来院されることあり、

ブログに書かせて頂きますね。

ただ、足の裏は複雑です。

  • 足のつま先の方が痛い場合
  • 足の踵が痛い場合
  • 足の骨のトゲが出来て痛い場合

など色んな原因あります。

今回は【つま先】について書かせて頂きます。

足のつま先の裏が痛い

足のつま先の裏の痛みで悩まれている患者様は実は多いです。

中学生ぐらいから90歳ぐらいまでの患者様が当院に来院されます。

  • 痛くて杖をついて買い物に行かれている患者様
  • 営業でいつも歩くことが多い患者様
  • 販売の仕事でいつも立ち仕事の患者様
  • 立ち仕事でいつも同じ動作をされている製造業の患者様
  • クラブ活動などの運動選手
  • ハイキングや登山をされている患者様

色んな職種やスポーツで来院されています。

痛みが長引くつま先の裏の痛み

足のつま先の裏が痛い場合、多くの患者様は湿布を貼りますが、

痛みが緩和せず当院に来院されます。

その理由として、足の裏は歩く度に衝撃が加えられるために痛みの緩和がされる前に、症状が悪化したり治癒能力が下がってしまいます。

また、多くの患者様はインソールを購入されていますが、大きな症状の緩和になっていない方も多くいます。

つま先の裏の痛めやすいところ

上記は右足の裏のイラストです。

赤色で〇で囲んでいる部分がつま先で最も痛めやすいところになります。

ちょうどつま先立ちをしたところがになります。

当院に来院される患者様の多くは、親指・人差し指・中指の裏が痛いと来院されます。

この3つの指は歩く時に一番負担が掛かる指なので、非常に症状の緩和まで時間が掛かります。

日頃からのいい靴を履いて頂くことが対策になります。

つま先の裏の痛みを治す方法

当院は、プロスポーツ選手や世界選手権に出場するアスリートまで来院しております。

そのため筋肉の痛みや関節の痛みに対して、非常に効果的な施術を、独自で生み出し多くアスリートの痛みや不調を取り除いている実績があります。

特に足を痛めやすいサッカー選手が多く来院しており、高い評価を頂いております。

また、施術効果から小学生から92歳までの幅広い年齢層の患者様を、ご紹介して頂いております。

病院に行っても痛い足の裏や歩くたびに痛い足、湿布を貼ってもインソールを変えて痛みが続く患者様は、ぜひ当院にご来院下さい。

当院のホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/index.html

兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

(阪急川西能勢口駅徒歩2分)

TEL:072-755-7079

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です