ふくらはぎがだるくて重い

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、多くの患者様のご紹介いつも本当にありがとうございます。

本日のブログは「ふくらはぎがだるくて重い」という症状です。

わかりやすい解剖やイラストの画像を探していましたが、症例が少ないので、イラストや画像が少ない、難しい表現の多いブログになりますが、宜しくお願い致します。

足のだるさは色々な症状があります。

足のだるさに関しては、太ももがだるいのか?ふくらはぎがだるいのか?

それだけでも施術方法が変わってきます。

今回は、ふくらはぎのだるさに関してのブログになります。

主にふくらはぎが重くだるくなる場合は2つの原因があります。

  • 一番目に多いのがリンパの流れ影響
  • 二番目に多いのが骨の周りの筋肉の影響

当院はどちらの症例も多くの患者様が来院されておりますが、今回はリンパの流れに関しての足のだるさのブログを書かせて頂きます。

リンパは老廃物の塊

ご存知の方もいると思いますがリンパ液は体の老廃物の塊です。

その仕組みを簡単に書かせて頂きます。

人間は心臓から動脈に血液を送り出します。血圧の高い方ですね。

そして今度は静脈から心臓に戻します。血圧の低い方です。

例えは、動脈で100リットルの血液を送り出すとで、静脈では70リットルの血液しか心臓に戻すことはできません。

押し出すほうが100リットルの力で押し出し、戻す方が70リットルとした場合、

30リットルが余ります。その30リットルがリンパ液になります。

そしてリンパ液はリンパ管やリンパ節というろ過装置を通って肺静脈というところを通って心臓に戻りますが、リンパ管やリンパ節は27リットルの回収能力しかありません。

30リットルのリンパ液に対して27リットルしか回収できない場合は、3リットルのリンパ液が筋肉や細胞に残ったままになります。

そのリンパ液は老廃物の塊なので、足に違和感やだるさや重さなどの症状を与えてしまいます。

そのリンパ液を排出しない限り・・・

リンパを上手く循環させる方法

カイロプラクティックは骨盤や骨格をするだけと思わている患者様もいますが、実はリンパ液や筋肉、筋膜など体のあらゆる細胞を施術することが可能です。

では、ここでリンパが上手く流れない原因を少し・・・。

  • リンパ管が上手く動かない
  • リンパ節のろ過機能が上手く動きない
  • 自律神経が乱れてリンパに影響を与えている

など原因があります。

一番大切なことは自律神経の乱れがリンパの影響を与えて足のだるさに繋がっていることです。

リンパ管やリンパ節は平滑筋(へいかつきん)という筋肉のポンプ作用で循環させていますが、この平滑筋という筋肉は自律神経の乱れによって動きが悪くなってしまいます。

そして、その自律神経は背骨から出ているために骨盤や骨格の施術することが非常に重要になります。

まとめとして・・・

「ふくらはぎがだるくて重い」という症状で足に少しムクミがあればリンパを疑う必要があります。

  • リンパは老廃物の塊です。
  • リンパは自律神経の乱れによって流れが悪くなります。
  • カイロプラクティックは自律神経の乱れを整えることを得意としています。

もちろん、足に溜まったリンパの流れも直接施術をすることで多くの患者様から喜びの声を頂いております。

【ふくらはぎがだるくて重い】【足が重くてだるい】などでお悩みの患者様は、ぜひ当院にお越しください。

当院は、バキバキしない非常にソフトで優しい施術方法を使いますので、小学生やご年配の方が来院されております。

下記が当院のホームページになります。

https://life-chiro.net/index.html

 

足の裏がいたい

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また毎月多くの患者様のご来院ありがとうございます。

最近は、【足の裏が痛い】という患者様が来院されることあり、

ブログに書かせて頂きますね。

ただ、足の裏は複雑です。

  • 足のつま先の方が痛い場合
  • 足の踵が痛い場合
  • 足の骨のトゲが出来て痛い場合

など色んな原因あります。

今回は【つま先】について書かせて頂きます。

足のつま先の裏が痛い

足のつま先の裏の痛みで悩まれている患者様は実は多いです。

中学生ぐらいから90歳ぐらいまでの患者様が当院に来院されます。

  • 痛くて杖をついて買い物に行かれている患者様
  • 営業でいつも歩くことが多い患者様
  • 販売の仕事でいつも立ち仕事の患者様
  • 立ち仕事でいつも同じ動作をされている製造業の患者様
  • クラブ活動などの運動選手
  • ハイキングや登山をされている患者様

色んな職種やスポーツで来院されています。

痛みが長引くつま先の裏の痛み

足のつま先の裏が痛い場合、多くの患者様は湿布を貼りますが、

痛みが緩和せず当院に来院されます。

その理由として、足の裏は歩く度に衝撃が加えられるために痛みの緩和がされる前に、症状が悪化したり治癒能力が下がってしまいます。

また、多くの患者様はインソールを購入されていますが、大きな症状の緩和になっていない方も多くいます。

つま先の裏の痛めやすいところ

上記は右足の裏のイラストです。

赤色で〇で囲んでいる部分がつま先で最も痛めやすいところになります。

ちょうどつま先立ちをしたところがになります。

当院に来院される患者様の多くは、親指・人差し指・中指の裏が痛いと来院されます。

この3つの指は歩く時に一番負担が掛かる指なので、非常に症状の緩和まで時間が掛かります。

日頃からのいい靴を履いて頂くことが対策になります。

つま先の裏の痛みを治す方法

当院は、プロスポーツ選手や世界選手権に出場するアスリートまで来院しております。

そのため筋肉の痛みや関節の痛みに対して、非常に効果的な施術を、独自で生み出し多くアスリートの痛みや不調を取り除いている実績があります。

特に足を痛めやすいサッカー選手が多く来院しており、高い評価を頂いております。

また、施術効果から小学生から92歳までの幅広い年齢層の患者様を、ご紹介して頂いております。

病院に行っても痛い足の裏や歩くたびに痛い足、湿布を貼ってもインソールを変えて痛みが続く患者様は、ぜひ当院にご来院下さい。

当院のホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/index.html

兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

(阪急川西能勢口駅徒歩2分)

TEL:072-755-7079

太ももと足がだるくて重い

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また予約が取りにくい状況でご迷惑をお掛けしておりますが、朝いちのお電話を頂けると比較的取れやすいので、宜しくお願い致します。

本日のブログは、【太ももや足がだるくて重い】という症状です。

あなたの足のだるさはどこですか?

  • 太ももがだるいですか?
  • ふくらはぎがだるいですか?
  • 足のムクミでだるいですか?

皆さん、ご存知ですか?

実は・・・、太もものだるさと、ふくらはぎがのだるさでは全く症状は違います。

もちろん足のムクミもでも全く症状は違います。

今回は骨盤周りの影響で太ももや足がだるくなり理由をブログに書かせて頂きます。

骨盤の重要性

(上記は骨盤のイラストです。)

骨盤が何故?太ももや足のだるさに影響をするのか・・・。

骨盤は上半身と下半身の真ん中にあり、身体の中心にある土台でとても大切な骨格です。

骨盤の中には大きな血管があり、大きな神経やリンパが流れております。

またこの骨盤の周りにはインナーマッスルという大きくて強い筋肉がたくさんあります。

骨盤の歪みがインナーマッスルに影響する

上記のイラストは、お尻から見た骨盤の右側です。

骨盤の歪みは身体のあらゆる所に影響をします。

ただ厄介な事としてインナーマッスルに大きな支障を及ぼすことです。

※インナーマッスルとは、身体で感じることが難しく非常に鍛えにくい筋肉です。よくスポーツ選手がインナーマッスルを鍛えると運動神経や体幹が強くなると言われている筋肉です。

そのインナーマッスルの一つである梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。

イラストで見て頂くと茶色の部分になります。

この梨状筋という筋肉は骨盤の歪みに大きく関係をしている筋肉ですが、足のだるさにも大きな影響を及ぼしている筋肉の一つになります。

イラストの梨状筋の筋肉の下に黄色の線があると思います。

これを坐骨神経(坐骨神経)といいます。

坐骨神経の影響でも足がだるく重くなる

「神経ってなに?」と思われる方もいると思いますが、神経は筋肉や骨などに色んな情報を送っている大切な役割があります。

  • 足に以上があるから治しなさい
  • 足の感覚を敏感にしなさい
  • 足を曲げなさい
  • 足を伸ばしなさい

など脳が色んな情報を流して伝える役目があります

その神経の一つである坐骨神経に大きな影響を与えているのが梨状筋という筋肉になります。

ずっと骨盤が歪んだ状態で生活をしていると梨状筋が硬くなり動きが悪くなります。

硬くなり柔軟性のなくなった梨状筋は、坐骨神経を圧迫してしまいます。

そのために足に必要な脳からの情報が滞るために足にだるさや重さ、ひどい場合は違和感の症状まで起こしてしまいます。

足が怠いから重いから、足に原因があるとは限らない

多くの来院される患者様は、足のだるさや重さが感じられる場合は、整骨院や整形外科で足ばかりマッサージや電気をあてるなどの治療をされています。

そのために改善がされず当院に来院される患者様もいます。

人間の体は、違和感や痛い所にだけ原因があるとは限りません。

カイロプラクティックは、体の全ての可動域や歪みを見つけ出し施術をします。

そのために多くの患者様から「なぜ?軽くなるんですか?」の質問を受けることがあります。

答えは簡単です。

「体は全部、繋がっていますから」といつもお答えをします。

 

お身体の不調でお悩みの方、足が重だるい、違和感がある方は、

ぜひ当院のカイロプラクティックを受けて下さいね。

 

当院のホームページは下記です。

https://life-chiro.net/index.html

住所:兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

(阪急川西能勢口駅から徒歩約2分)

足首が痛く腫れている 兵庫県川西市ライフ・カイロプラクティックラボ

兵庫県川西市のライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

 

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

 

当院には関西全域から足首を痛めて来院される方がいます。

もちろん杖をついて来院される患者様も多くいます。

 

捻挫をしたわけではなく【足首が痛く、痛みが引かない・・・】

そんな悩みで来院される患者様もいます。

もちろん足首は腫れています。

 

足首を痛める原因は色々とあります。

学生時代の若い頃なら捻挫が一番の原因になりますが、スポーツをしていない方が、

足首を痛める原因は、

 

ヒールを履いている

靴の影響

歩いているときにグッと力が入ってしまった

など色んな原因があります。

 

特に痛みがなかなか引かない方は、歩行や階段でグッと踏ん張った時に痛めた足首です。

 

※なぜ、歩くだけで足首を痛めてしまうのか・・・。

一番の原因となり得るのが、【足首の不安定性】です。

足首の不安定性とは、足首の強さにも影響します。

足首周りにはたくさんの腱や靭帯があり足首を支えておりとても重要です。

 

でも現代社会では、交通手段が大きく発達することで歩くことが少なり足首の周りの筋肉が弱まり足首が不安定になっております。

 

その不安定な足首のまま「グッと」力を入れてしまうと、足首周りの筋肉や靭帯を痛めてしまい炎症を起こします。

 

足首が炎症するために腫れが引かなくなります。

また、足首は不安定な状態が続いているために歩くたびに足首の筋肉を傷つけている場合もあります。

 

一度、痛めてしまった足首の痛みや炎症は、なかなか緩和しません。

でも当院は、関西全域からスポーツ選手が、足首などの身体のあらゆる関節痛の悩みで来院されます。

そのために足首の痛みでお悩みの患者様も多くご紹介で来院されております。

 

足首の痛みや腫れでお悩みの方は、ぜひ当院にお越しください。

バキバキしない「優しいソフトな施術」で痛みを緩和します。

 

下記が当院のホームページです。

https://life-chiro.net/index.html

 

住所:兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

  (阪急川西能勢口駅から徒歩約2分)

ライフ・カイロプラクティックラボ

電話番号:072-755-7079