【ピアノ緊張】発表会の本番が怖い手足が震える悩みを解決

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は、日本でも珍しい【あがり症克服整体院】として、日本全国からあがり症でお悩みの方が来院しております。

また、あがり症克服整体院とは看板を掲げておらず、あなたが「あがり症」で当院に来院していることは誰にもバレることはありませんので安心してください!

少しややこしいですが、看板は「ライフ・カイロプラクティックラボ」ですのでお間違えのないように宜しくお願い申し上げます。

本日のブログは「【ピアノ緊張】発表会の本番が怖い手足が震える悩みを解決」です。

当院の実績を含めてブログを書かせて頂きます。

先に、当院の「あがり症のセッション」の実績を掲載させて頂きます。

緊張して人前に出るのが辛かった患者様

(「セッションを受けて、”人前に立つ”ということを想像した時の体・心の重たさが消えて楽になりました。」と患者様の声を頂きました。

人前に出ると頭が真っ白になり震えてしまう患者様

(「一生あがり症が治らないと思っていました!迷っている人はおススメです!」と患者様の声を頂きました)

人前に出ると緊張して手足が震えてしまう悩み

(「あがり症の恐さが気にならなくなってきました!!オススメします!!」と患者様の声を頂きました)

森下
森下
このように、「緊張する体質」や「あがり症」でお悩みの方が、日本全国から来院して克服されております。

 

緊張する体質を克服するセッションの詳しい情報は、当院のホームページをご覧ください。

当院のホームページ⇒https://life-chiro.net/kokoro05.html

 

 

次に「あがり症」のセッションを受けた音楽家の手書きの声です。

ソロ演奏が緊張して出来ない悩みを克服

(症状)

楽器演奏(ソロ)が緊張してうまくできない。

(症状)

実際にセッションをうけてみて、直後は緊張をうまくイメージしにくい感じがありました。
そして本番を迎えてみて、ソロ演奏をしてみて、ほどよい緊張の中で演奏できている自分がいておどろきました。
ありがとうございました。

ピアノの発表会での緊張を克服した患者様

(症状)

緊張のせいでうまくできない

(感想)

ピアノの発表会ですごく緊張するので、せっかく練習しても全然うまく弾けなかったのですが、 ワークをしていただいた後の発表会では、いい緊張感の中で落ち着いて弾くことができました。 気持ちに余裕がある感じで練習の成果も出せて嬉しかったです。
ありがとうございました。

森下
森下
このように、ソロ演奏やピアノ発表会で緊張する音楽家も、当院のセッションで「あがり症の体質」や「緊張する体質」を克服しております。

 

あがり症のセッションの詳しい情報は当院のホームページをご覧ください。

当院のホームページ⇒https://life-chiro.net/kokoro05.html

 

ピアノの発表会で緊張してしまう悩みを克服するセッション

上記の写真は、「こころのケア」のセッション中の写真です。

当院は、日本全国から人前に出ると緊張してしまう「あがり症」の患者様が、「こころのケア」のセッションを受けに来院しております。

「こころのケア」のセッションは、あがり症や極度に緊張する患者様の潜在意識に、「なぜ?人前で緊張するのか?」「ピアノの発表会で緊張するのか?」「急に緊張するようになったのはなぜか?」など色んな悩みを、カイロプラクティックの筋エネルギー反射というテクニックを使い、探し出し焦点を集めて解放するテクニックです。

森下
森下
多くの患者様が、あがり症や緊張して手足が震える悩みを解決するために、薬や心療内科に通われてから、当院に来院しておりますが、多くの方が【あがり症を克服されております】

今まで、あがり症は「我慢するしかない」「経験不足・練習不足」「慣れ・場数」と色々と言われておりましたが、実は違います。

当院の「こころのケア」のセッションで、努力も練習もせずにあがり症を克服することが出来ます。

ぜひ、ピアノの発表会で緊張してしまう悩みでお困りの方は、当院にご相談下さい。

努力も練習もいらないのが、当院の「こころのケア」のセッションです。

 

詳しくは、当院のホームページをご覧ください

当院のホームページ⇒https://life-chiro.net/kokoro05.html

 

 

 

 

 

★おすすめ関連記事はこちら★

日々の積み重ね

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございました!

今日は久しぶりにご予約に余裕があり、ブログの修正やGoogle関係の打ち出し方の修正をしており、充実したお仕事をさせて頂きました。

特に2年前ぐらい投稿した「肋骨の痛み」のブログを見ていたのですが、文字ばかり…しかも解剖学など難しい言葉ばかり使っていました。

日頃からブログを書くと文章力もあがるだけでなく、写真の使い方やイラストの使い方など、徐々に成長します。

全ては、日々の継続ですね。

カイロプラクティックの施術も日々の練習の積み重ねです。

まだまだ、たくさん勉強をすることがあります!

楽しく真剣に勉強します!

では、明日も1日、「ただ、目の前の笑顔のためにー」頑張ります!

★おすすめ関連記事はこちら★

心の底から・・・

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご予約ありがとうございます。

今月は、毎日のように新規の患者様のご来院があります。

本当に当院のホームページを見付けて頂き、ご来院して頂き本当にありがとうございます。

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など難しい症状も、当院は豊富な臨床経験の下でバキバキしない優しい施術方法で施術をさせて頂きます!

今日は、このような言葉を見付けました。

 

心の底から自分で

やりたいと発心したことは、

周りの心配をよそに、

自分と道が

ひらけていくものです

 

 

この言葉は、すごいです。

私も初めて「本業を通じた社会貢献」という言葉を聞いた時に、カイロプラクティックだけでなく、事業を通じて何か社会に貢献できることはないか・・・と心の底から思いました。

その結果、「こころのケア」のセッションというメニューにたどり着きました。

「こころのケア」のセッションは、

  • あがり症
  • うつ病
  • パニック障害
  • 精神障害
  • 不安障害
  • HSPに悩むひと
  • 人間関係の悩み
  • 性格の悩み

など、心の中にある悩みを解放するセッションです。

もっと、患者様が悩んでいるものは何か・・・。

色んな事を日々悩んでいると新しい発想が生まれます。

これからも、一生懸命に「本業を通じた社会貢献」を目指して頑張ります。

先ほどの、言葉は、92歳の現役保育士の

大川繁子さんの言葉です。

「心の底から・・・」頑張ります!!

では、明日も1日「ただ、目の前の笑顔のためにー」頑張ります。

 

本日は、定休日の水曜日なので、母とお出かけ中です。

★おすすめ関連記事はこちら★

【肋骨を押すと痛い】でも内科で異常がない場合はゆがみ

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、毎週のように多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

当院は、関西全域から毎週のように患者様が来院されております。

また【肋骨の痛み】など肋骨の症状でお悩みの女性が多く来院しております。

その理由として・・・。

当院は、女性スタッフも在籍しており女性の患者様も安心して施術を受けて頂ける環境になっておりますので、女性の患者は、予約の際に「女性スタッフ」をご指名下さい。

また、もう一つ大切なこととして、肋骨は非常に繊細な触診や施術方法を使うために、施術できる整体・カイロプラクティック院は非常に少ないために、多くの患者様が悩まれていますが、当院はたくさんの臨床経験の実績があるために、関西全域から【肋骨の痛み】で悩まれている患者様が来院されます。

もちろん、内科的な病気や疾患のない患者様が来院されています。

まずは、大きな病気が隠れていないか、病院で検査をすることもお勧めします。

肋骨の痛みの原因・・・

肋骨が痛くなる原因はたくさんありますが、特に当院に来院される患者様は、

  • ひどい咳の後に痛くなった
  • 更年期と同時に痛みが出た
  • 妊娠をしてから痛みが出た
  • 原因がわからないけど痛みがある
  • 息を吸うだけでも痛い
  • 朝起きるときに痛い
  • 寝返りをするときに痛い

など、色んな動作や生活の中で痛みが出ています。

でも、なぜか内科や整形外科では痛みが緩和せず・・・と悩まれています。

いつまでもたっても肋骨の痛みが消えない・・・

そんな痛みは【肋骨がゆがんでいる】可能性がとても高いです。

肋骨は簡単にゆがんでしまいます。

 

肋骨周りの説明

上記のイラストは、肋骨周りの解剖を簡単に書いたイラストになります。右側の胸になります。

一番上に〇で囲んでいるのが、皆様もご存知の鎖骨さこつという骨で左右に2本あります。

真ん中にぐらい細い骨みたいなところを、細い矢印で示しているのが肋骨ろっこつです。

一番下に筋肉のような茶色の色のところに細い矢印で示しているのが肋間筋ろっかんきんです。

肋間筋⇒読み方は「ろっかんきん」です。

鎖骨に関しては、肩こりや腕の痺れなどに大きく影響をしますが、肋骨ろっこつやわき腹の痛みには大きく関係はしません。

ただ、肋骨ろっこつの痛みとわき腹の痛みに大きく関係するのが、肋骨の骨そのものと肋間筋ろっかんきんという肋骨と肋骨の間にある、薄くて柔軟性のある筋肉です。

肋骨ろっこつの骨、そのものが痛い場合は、打ち身や骨折、ヒビなどの場合があります。

肋間筋ろっかんきんという、肋骨と肋骨の間にある筋肉が原因の場合は、色んな原因が考えられます。

  • 風邪を引いて咳をしていた
  • くしゃみをして痛くなった
  • 肋間神経痛の影響
  • 原因不明の更年期からの痛み
  • 姿勢の悪さによる痛み
  • 下着の締め付けによる痛み
  • 体を捩じった時に傷めた痛み

など、生活の中に影響が潜んでいます。

肋骨は、骨盤や背骨と同様に、日常生活の姿勢の悪さでも簡単にゆがんでしまい、痛みの原因になってしまいます。

ただ、肋間筋にはたくさんの神経が流れているために、非常に鋭い痛みを出してしまうことも多く、症状がひどい場合は【肋間神経痛ろっかんしんけいつう】で悩まれる患者様もいます。

肋骨の施術に関しては女性スタッフが欠かせない場合も

(上記の写真は、当院の女性スタッフの大道おおみちです。)

肋骨やわき腹の施術は、非常に【きめ細かい触診と繊細な施術】が必要になります。

女性の場合は、胸部の触診も必要になる場合があります。

そのため当院は、女性スタッフの大道も、肋骨の痛みの緩和に精通しており、女性の患者様も安心して施術を受けて頂くことが出来ます。

※恐らく、関西圏で肋骨の痛みを緩和できる女性の施術家は、当院の大道おおみちだけと思います。

原因不明の肋骨の痛みだからこそ当院に

上記のお写真は、肋骨の痛みと肩こり・腰痛で来院された患者様です。

左側の写真が施術前、右側の写真が施術後の写真になります。

お写真を比べて頂くと、左の施術前の写真が猫背に対して、右の施術後の写真は姿勢が伸びているのが分かります。

お写真の患者様は、姿勢の悪さから肋間筋ろっかんきんという筋肉が硬くなり、肋骨周辺に痛みが出てしまった患者様です。

もちろん、内科や整形外科でも「異常なし」ということで、湿布を出されただけです。

肋骨の痛みは、原因不明と言われることもありますが、内科的疾患や打撲や骨折などの症状がない場合は、カイロプラクティック・整体でも緩和が可能な場合があります。

また、当院は男性のスタッフ・女性スタッフと指名できるために、女性の患者様も多く来院して大きな支持を受けております。

肋骨の痛みに関しても、詳しくは当院のホームページをご覧ください。

当院のホームページ⇒https://life-chiro.net/n18.html

★おすすめ関連記事はこちら★

新しいこと・・・

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

昨日も全ての予約が埋まり、営業時間外まで予約を頂きました。

本当にありがとうございました。

 

今日は、マイケルジョーダンの言葉で心に残る言葉があったので、ブログでご紹介さえて頂きますね。

 

新しいことを

始めるのは怖くない。

怖いのは、新しいことを

始めなくなることだ。

大人になると、好奇心がなくなり新しいことをしなくなる・・・。

そんな気がしますが・・・。

実際に私も新しいことをすることは、失敗したらどうしよう・・・。

と不安や恐怖に襲われることは、今でもあります。

でも、多くの人は失敗ばかりですが、失敗を失敗と思わずに経験として進んでいる、

そんな感じがします。

ただ、新しいことに取り組まなくなれば、成長が止まります。

でも日頃の仕事や業務の中で新しいこと?

となれば、何が新しいか・・・・わからなくなります・・・。

でも、それを打開するためには、人との出会いで気づき学ぶことだと思ってます。

そのために、私は毎週水曜日の定休日もなるべくセミナーに参加して、人と出会い学ばせて頂いております。

まだまだ、頭が固く柔軟に物事を捉えることは出来ませんが、日々成長できるように頑張っています。

そのために、仕事は心の底から思うことを念頭に思っています。

それが「人の幸せが自分の幸せです」

社会の困りごとを解決するのが仕事

人を幸せにするのが仕事だと思っています。

では、本日も1日「ただ、目の前の笑顔のためにー」頑張ります!

 

★おすすめ関連記事はこちら★

繊細過ぎる性格・・・

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

本日も全ての予約が埋まり、営業時間外まで予約を頂いております!!

 

最近はHSPの性格でお悩みの方はの投稿を見ることが多くなってきました。

HSPはまだまだ知られていないですが、【繊細過ぎる性格】の持ち主と言われています。

そのあまりの繊細さで、会社で働くの辛く悩みいつも不安になってしまいます。

あまりにも繊細過ぎる場合は、電車に乗り遅れるのが嫌だから、いつも一本早い電車に駅に到着している・・・。そんなこともあります。

ただ、とても優しくて、相手の気持ちをくみ取る方なので人間力は高く、仕事も一生懸命に真面目にされる方が非常に多くいます。

ただ、新しいことに取り組むの苦手ですが、仕事や会社のために一生懸命に頑張るタイプです。

そのために、疲れ切ってしまうこともあり、精神的に悩んだり不安になる方もいます。

あなたの近くにもHSPの方がいるかもしれません。

もし職場で一生懸命に頑張っている人や繊細な人いれば、いつでも優しく言葉を掛けて下さいね。

「無理はしなくてもいいんだよ」と・・・。

きっとその方の心が救われます。

今日は独り言のようなブログでした!

では、本日も1日「ただ、目の前の笑顔のためにー」頑張ります!

 

★おすすめ関連記事はこちら★

【人前で緊張しすぎる】悩みを解決事例5選

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は、カイロプラクティックとは別に【あがり症克服整体院】として日本全国から患者様が来院されております。

あがり症で悩んでいる患者様は、本当に朝礼が嫌で転職を考えている人や、会議やプレゼンで悩んでいる方や、館内放送が苦手で声が震えて悩んでいる方など、多くの悩みで来院されております。

気分も落ち込み、不安や恐怖などに襲われて寝られない日もあります。

私自身も【極度のあがり症】に悩み苦しんでいました。

「人前で話すのは、メンタル的に無理」と言っても回ってくる朝礼や会議の進行など本当に辛かったです。でも、今はあがり症を見事に【克服】して今は、【あがり症克服整体院】としてお仕事をさせて頂いております。

当院に来院される患者様が、どのようにあがり症に向き合ってきたのか・・・、患者様に問診をした際にお伺いしたことを、少し書かせて頂きます。

  • とりあえず我慢して朝礼・司会に出る
  • 本を読んであがり症の軽減策を調べる
  • サプリメントを飲む
  • 話し方教室に行って特訓・練習する
  • あがり症克服教室に行って特訓・練習をする
  • 心療内科で薬をもらう

この6つのパターンが比較的多く、あがり症を克服出来なかった方が、当院に来院されております。

なかには、今まであがり症対策として30万円の商材を買ったという方も来院されておりました。

でも、安心して下さい!

当院の「こころのケア」のセッションがあります。

「こころのケア」のセッションは患者様の潜在意識に「人前で緊張する原因は何か?」「あがり症になった原因は何か?」「人前で震えるのは何故か?」など傾聴して解放するテクニックです。

そして、何よりも実績だけでは、どこにも負けません。当院は【日本全国】から人前で緊張する体質にお困りの患者様が来院されております。

夜行バス・高速バス・飛行機・新幹線などご利用されている方も多くいます。もちろん近場の方から、電車で2時間も掛けて来院される方も多くいます!

まずは、当院の【あがり症を克服する】セッションである「こころのケア」について詳しいホームページがありますのでご覧ください。

ホームページはこちらになります⇒あがり症のホームページ

そして、ここからは当院のあがり症克服の実績を5つご紹介させて頂きます。

人前で緊張して声が泣きそうなる悩み

(「あがり症の恐さが気にならなくなってきました!!オススメします!!」と患者様の声を頂きました)

お写真の患者様は【極度のあがり症】でお悩みだった患者様です。幼少の頃に受けたトラウマが潜在意識に残り、人前に出ると極度に緊張しておりました。また文字を書く時も、ほかの人に見られてしまうとブルブル震えて文字が書けなかったそうです。

今は「あがり症」を克服されて、今はご自身の辛い過去のトラウマや悩んでいる性格の改善のために、1か月~2か月に1回来院されております。

朝礼の司会が毎日があり不安感や恐怖心の悩み

(「人前で話す事に対する不安感や恐怖心がなくなり気持ちがとても楽になりました」とお声を頂きました)

お写真の患者様は、会社での朝礼の司会があり、会社に行くのが本当に辛く悩まれていた患者様です。

またとても繊細な方で、当院の「こころのケア」のセッションを受けることも非常に悩まれていたそうです。

当院の「こころのケア」のセッションを受けるたびに、人前に出る恐怖心も徐々になくなり無難に朝礼の司会をこなしているそうです。

仕事の中で人前に出るだけがどうしても辛い

(「恐怖心がなくなり、あがり症が改善され人前で話せるような気がします!!」と患者様の声を頂きました)

お写真の患者様は、営業成績もトップで非常に優秀な方ですが、どうしても人前で話すことに恐怖心があり辛い昇進をされた方です。社会人になると立場が上になればなるほど人前で話すことが多く悩まれている方が非常に多くいます。

患者様も「こころのケア」のセッションを受けるのを毎回楽しみにされています。

 

お客様のクレームがトラウマになり声が出なくなった患者様

 

(「長年 悩んでいたトラウマが1度の施術でも無くなり、楽になりました。」と患者様の声を頂きました)

お写真の患者様は、コンビニでのアルバイト時代にお客様から激しいクレームを受けてから、人前や接客のをする際に、緊張してしまう体質になり、声が出なくなりました。何とか就職をすることも出来たそうですが、社内の人と話す際に声が出なくなり会社を退職され、当院に来院されました。

その結果、3回目のセッションが終わった後に、もう一度、コンビニのアルバイトを再開できるまで、緊張してしまう体質は改善されました。

その後は、ご自身の不安になりやすい性格やメンタル的に弱い部分を取り除くために、月に1回の「こころのケア」のセッションを受けに来院されており、嫌な事や辛いこともなくなりつつあるそうです。

朝礼などの人前で緊張してしまう悩み

(「朝礼など緊張し、あがったり震えが出ていましたが、すごく改善されて楽になりました」と患者様の声を頂きました)

上記の患者様は、1回目のセッションが終わり、2回目の「こころのケア」のセッションの際に、「朝礼で緊張しませんでした」とお声を頂きました。

患者様も心療内科に通われていたので「不思議・・・不思議・・・」と何でも言われておりました。

このように、当院は【人前で緊張し過ぎる】あがり症の患者様もたくさん来院されており、人生が変わったという患者様もいます。

ホームページにはまだまだ、「こころのケア」のセッションで【あがり症を克服】された方のお写真がありますので、ぜひご覧下さい。

下記が当院のホームページになります。

ホームページはこちらになります⇒あがり症のホームページ

「こころのケア」のセッションであがり症を克服

上記の写真は、私が300名の経営者の前で発表をした時の写真です。マイクを持っているのが私です。昔は数人の前の緊張や会議で、極度に緊張をしておりましたが、今では、写真のように心地良い緊張感でお話をすることが出来ます。

そして、最後になりますが、上記の写真が「こころのケア」のセッションをしている最中の写真です。

患者様の左手をお借りして、患者様の潜在意識に「なぜ?あがり症になったのか?」「人前で緊張する原因は?「克服できない理由は?」など傾聴します。

そして、潜在意識にある「あがり症」になっている原因を突き止めて解放します。

時間は初回は1時間~1時間30分ぐらいの時間が掛かりますが、2回目以降は50分以内に終わります。

次に、「こころのケア」のセッションを受けた、モニター様に動画を取らせて頂きましたので、ご覧ください。

小学校2年生の男の子で、学校の通学路に犬がいて怖くて通学ができない男の子です。小さい時に、犬に怖い目に遭いトラウマとなっているそうです。

動画は3分43秒で音声が流れます。

セッション前の辛い気持とセッション後の気持ちを確認しております。

ぜひ、ご参考にして下さい。

今まで、【人前で緊張するあがり症克服】の実績を書かせて頂きましたが、「場数や経験で話せるようになる」という方がいますが、本当のあがり症の方には、気休めにもならない言葉です。場数や経験で人前で話せる人は、あがり症と言いません。単なる経験不足です。【本当のあがり症】の患者様は、今まで色んな経験をされて、色んな努力をされてきました。でも本当に辛いです。人前で話す事は・・・。

そのことは、あがり症だった私自身が経験をしております。

私は、あがり症を克服して、今では、【あがり症克服専門整体院】としてお仕事をしております。

人前で極度に緊張するあがり症の方は、ぜひ当院にご相談下さい。

ホームページはこちらになります⇒あがり症のホームページ

★おすすめ関連記事はこちら★

繊細な人は癒しの人

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

今日もたくさんのご予約ありがとうございます!

昨日は朝から少し早めに起きて、4時半ごろですが・・・、家族でカフェに行ってからの出勤をしていました!

美味しくパンケーキを食べましたがブログ用の写真は忘れておりました!

今日は「こころのケア」のセッションをしていて気付いた事があります。

繊細な人
不安な人

今では【HSP】と言われるようになりました。

人の気持ちがわかるとても感性の豊か人です。

でも繊細なので傷ついたりすぐに不安になってしまう…。

そんな性格の人です。

ただ、いるだけで癒してくれる存在です。

施術をしている私でさえ癒されます^_^

当院は、不安になったり、ご自身の性格に悩み疲れ、ご自身のトラウマに悩み苦しむ患者様が「こころのケア」のセッションを受けに来院されます。

もし、誰が悩み悲しんでいる人がいれば、当院の「こころのケア」のホームページをご案内下さい!

★おすすめ関連記事はこちら★

人前での緊張を解放するセミナー・教室をお探しの方へ

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は、肩こり・腰痛などの不調を改善するカイロプラクティック以外に、日本では珍しい【あがり症克服整体院】として、日本全国から患者様が来院されております。

人前で話すのが苦手、不安、恐怖心で本当に困っている人が多く、セミナーや話し方教室を探されている方もたくさん来院されております。

そして当院の「こころのケア」のセッションで大きく改善をされています!

当院に来院される患者様の事例を少しご紹介させて頂きます。

毎月の朝礼が辛く転職を考えた患者様

(「朝礼でスピーチする恐怖心がなくなりました。ありがとうございました。」と患者様の声を頂きました)

お写真の患者様は、いつも朝礼のことを悩みスマホで当院のホームページを見つけて来院された患者様です。

転職も考えたそうですが、転職をしてもまた朝礼があると思い、ずっと悩んでいた患者様です。

合計4回のセッションで見事にあがり症を克服されて、今では月に1回ほどカイロプラクティックを受けに来院されております。

(余談ですが、地元のカイロプラクティック・整体院に行かずに電車で約1時間も掛けて肩こり・腰痛予防に来院して頂いております。)

話し方教室でも緊張して震えていた患者様

(「人前で話すことができるようになりました。心と体からいやな気持がスーと抜けてなくなりました」と患者様の声を頂きました)

お写真の患者様は、話し方セミナーやあがり症克服セミナーに参加されて、一生懸命に「あがり症のメカニズム」や「緊張する仕組み」を学ばれ、人前で発表するセミナーなどに参加されて改善をされなかった患者様です。

ご本人のご希望もあり合計で7回ほど「こころのケア」のセッションをさせて頂きました。

患者様自身も、練習も努力もなく、ただベットで「こころのケア」のセッションを受けただけなので本当にビックリされていました。

先ほどから「こころのケア」のセッション??と「はてな」マークが飛んでいる方もいると思いますので簡単に説明をさせて頂きます。

詳しくお知りになりたい方は、当院のホームページをご覧ください。

※当院のホームページです。⇒あがり症克服整体院【こころのケア】

当院が「あがり症克服整体院」として日本全国から来院されるのは、先ほどから掲載しているお写真を持った患者様のお写真です。

あがり症セミナーや話し方はセミナーのホームページと比べて頂くと違うの実績の違いです!ほかのセミナーや教室では、あがり症のことは詳しく説明をしておりますが、当院のようにパネルを持った患者様の写真がありません。

当院は、写真のようにあがり症を克服された患者様のパネル写真がたくさんあり、何処にも実績は負けません!

それは、あがり症の症状で悩んでいる患者様の潜在意識に焦点をあてて、原因を突き止めて解放するセッションだからです。

そのために、患者様は練習も努力もいらず、ただベットに寝ているだけです。

ただ、ベットに寝て【あがり症】の原因を潜在意識から探し出し解放するだけです。
努力も練習も訓練も要りません。
それが「こころのケア」のセッションです。

もう一度、「こころのケア」のセッションのホームページをご案内します。

※当院のホームページです。⇒あがり症克服整体院【こころのケア】

「こころのケア」のセッションであがり症を解放

もう少し「こころのケア」のセッションについて書かせて頂きます。

上記の写真は、「こころのケア」のセッション中の写真です。患者様の左手を借りてカイロプラクティックのテクニックである、筋エネルギー反射というテクニックを使用して患者様の潜在意識に、「なぜ?あがり症なのか?」「なぜ?人前で緊張するのか?」「なぜ?人前に出ると思うだけで恐怖心が出てしまうのか・・・」全て患者様の潜在意識に傾聴します。すべて患者様の潜在意識が原因を知っています。

当院では「あがり症の原因」を潜在意識に傾聴することで、焦点を集めて解放します。

最初は、疑って来院される患者様が非常に多いですが、安心して下さい。

当院にはたくさんの実績があります!

そして、セッションをする私も極度のあがり症で非常に悩んでいた一人です。

だから「あがり症」の方の気持ちはとてもわかります!

でも、私自身も「こころのケア」のセッションを受けてあがり症を克服しました。

「こころのケア」のセッションを受けるまでは、二人ぐらいを前にしてプレゼンをしても緊張してしまい、声は震え恐怖心と不安感がなり、吐きそうな気分でした。

でも今は違います。

上記の写真は、法人の会社の社長様に「こころのケア」のセッションの有効性をプレゼンをさせて頂いた時の写真です。画面には見えませんが、およそ20名ぐらいの人前でお話をさせて頂きました。

次の写真が、約300名の経営フォーラムで、300名の経営者の前でスピーチした時の写真です。

このように今では、ほど良い緊張も下、人前で発表をしております。

努力も練習もなく「あがり症」を改善できるのは当院のセッションだけです。

詳しくは、当院のホームページをご覧ください。下記になります。

※当院のホームページです。⇒あがり症克服整体院【こころのケア】

 

もう一度、当院の【あがり症克服整体院】としての実績をブログで書かせて頂きますね。

PTAの保護者会・発表が辛かった患者様

(「セッションを受けて人前で話すことが苦じゃなく、逆にまた話したいと思えるようになりました」とお声を頂きました。)

お写真の患者様は、小学校のPTAで自己紹介をするだけでも、周りから「大丈夫?声が泣きそうだったけど・・・」と言われていた患者様です。

その方がPTAの議長になってしまい、悩み当院に来院されました。

でも4回の「こころのケア」のセッション後が終わり、司会進行が上手く進んだかの、報告のために当院に来院して頂いたのですが、「人前で話をするのがこんなに気持ちいいとは思わなった・・・また話したい!」と言っておりました。

(患者様は非常に当院から近いために、ご本人がご報告に来て頂けました)

(「人前で緊張する事がかなり減りました。おすすめ!!」とお声を頂きました。)

(「朝礼で自信を持って話せるようになりました。オススメします!!」とお声を頂きました)

人前での緊張をなくす方法

 

当院の【あがり症克服整体院】としての実績をいかがでしょうか?

あがり症のセッションは、もう数は数えきれないぐらいしておりますが、練習や訓練などであがり症が改善されている方は、私はあがり症とは思いません。

単なる練習不足・経験不足だと思います。

でも、当院に来院される患者様は、【極度のあがり症】として体にも症状が出てしまいます。

その一部が・・・

  • 人前に出ると思うだけで恐怖が襲ってくる
  • 頭が真っ白になる
  • 朝礼が辛くて仕事を辞めたい
  • 人前に出ると緊張して手足が震える
  • 人前まで声が出来ない
  • 人前で緊張して声が泣きそうになる
  • 人前で息が出来ない
  • 朝礼・会議・プレゼンが辛くて薬を飲んでいる
  • 人前に出ると心臓がドキドキするので薬を飲んでいる

などの症状に悩まれています。

そしてたくさん我慢して努力をされてきました。でも、どうしても【あがり症】を克服出来なかった患者様ばかりです。

当院は、看板はカイロプラクティック院ですので、あなたが「あがり症」で来院していることは、誰もわかりません。

安心して来院して下さい。

心を込めて「あがり症改善」のセッションをさせて頂きます。

詳しくは、当院のホームページをご覧ください。

※当院のホームページです。⇒あがり症克服整体院【こころのケア】

 

★おすすめ関連記事はこちら★

人前で緊張して手足が震える【あがり症克服事例10選】を紹介

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

当院は、日本でも珍しい「辛い心を解放できる」施術院です。

嘘のような本当の話です。

そのメニューが「こころのケア」のセッションです。

詳しくはホームページをご覧ください。

こちらをクリックしてください→「こころのケア」のセッション

「こころのケア」のセッションは、日本全国から患者様が来院するまで、【口コミ】で広がり予約も取りにくい状態になりつつあります。

その中で、一番多い悩みが「あがり症」の悩みです。

社会人になると人前に出る機会が増える

社会人になると、毎週・毎朝のように朝礼があります。

朝礼の司会や会議・プレゼンなどなど・・・。

主婦の方は、PTAや保護者会などで発表・自己紹介・報告会など・・・

社会人になると人前で話す場面が増えてきます。もちろんサラリーマンの方は昇級をされると朝礼だけでなく、司会などの進行を毎日のようにされていることもあります。

毎日・毎週のように人前に出て発表・スピーチをしているのに、あがり症を克服できない、いつまでも緊張して手足が震えてしまう・・・

そのような悩みはありませんか?

当院は、日本でも珍しい【あがり症克服整体院】として、日本全国からあがり症で、お悩みの患者様が来院されてます。

今回のブログでは、当院で「あがり症を克服」された患者様をご紹介させて頂きます。

先に、ご案内をさせて頂きますが、当院の「こころのケア」のセッションは、努力も練習もなく『あがり症を克服できる方法』を取らせて頂いております。

気になる方は、当院のホームページをご覧ください。

こちらをクリックしてください⇒あがり症克服のホームページ

【事例1】

マネジメントが苦手で朝礼の司会ができなかった患者様

(「恐怖心がなくなりあがり症が改善され人前で話せるような気がします!!」と患者様の声を頂きました)

上記の患者様は、営業成績は優秀で、会社ではナンバー2まで昇進をされましたが、週2回の朝礼の司会をすることに、恐怖心や不安感で毎朝、億劫な気分になっていたそうです。

こちらの患者様は、ほかのプレゼンの練習をするセミナーに参加をされていましたが、改善されることなく当院に来院されました。

「こころのケア」のセッションの終了後は、見事に恐怖心がなくなり、うまく人前で話せる気がします!!とお声を頂きました。

【事例2】

毎月プレゼンがあり、人前に出ると緊張する

(「あがり症で悩みだった仕事でのプレゼンに対する苦手意識がなくなりました!」と患者様の声を頂きました)

コンサルティング会社にお勤めで、ご自身のプレゼンと簡単な司会が、日常茶飯事にあり悩んで来院されておりました。

最初の1回目、2回目のセッションで、人前で話す恐怖心がなくなり、3回目で過度の緊張する体質が殆どなくなり、最後に顔が引きつる悩みもほとんど解決されました。

上記の患者様は、合計4回ほど来院されて見事に克服されています。

【事例3】

朝礼での発表が辛く、過去にインデラルを飲んでいた患者様

(「朝礼でスピーチする恐怖心がなくなりました。ありがとうございました」と患者様の声を頂きました)

こちらの患者様は、月に1回の朝礼が苦痛で悩まれた患者様です。

緊張して手足が震え、緊張して声が震え、転職を考えていましたが、ご自身の中で「また転職しても、また朝礼があるだろうなぁ」と悩まれて当院に来院された患者様です。

患者様は、朝礼当番が終わるごとに、人前で話しをした時にどんな症状があったのかを、分析されて一つ一つ改善されて、あがり症を克服された患者様です。

【事例4】

会社の会議が苦手で恐怖心があった患者様

(「あがり症の恐怖心がなくなりました。人前で早く話がしてみたいです。」と患者様の声を頂きました)

こちらの患者様は、上司にとても気を遣うタイプの患者様で、会議での発表がなかなか難しかった患者様です。

あがり症で悩み、人の評価が気になる・・・、または、人の目が怖いというタイプの患者様です。

自分の意見をちゃんとお持ちですが、自分の発表内容が合っているのか気になったり、ちゃんと噛まずに最後まで発表できるかな・・・など、悩み恐怖に感じる症状でしたが、数回のセッション後に見事にクリアになりました。

また、「こころのケア」のセッション後は、仕事も順調に自分の意思表示ができるようになり順調だそうです。

【事例5】

PTAや保護者会での自己紹介・司会が辛かった患者様

(「セッションを受けて人前で話すことが苦じゃなく、逆にまた話したいと思えるようになりました」と患者様の声を頂きました)

こちらの患者様は、PTAや保護者会で、どうしても人前で話しをしなければならない悩みで、来院されました。

当院に来院される患者様の多くは、PTAでの役員になられた方も非常に多く、緊張して手足が震え、声も震えて、気分的にも人前で話す恐怖心でうつ状態になる方もいます。

でも、当院の「こころのケア」のセッションを受けると、日頃発表をされない主婦の方も、見事に改善される見込みは十分にあります。

【事例6】

プレゼン・朝礼など人前に出ると緊張する悩み

(「人前で話せるようになりました。ありがとうございます。」と患者様の声を頂きました)

こちらの患者様も、朝礼の発表やプレゼンなど、人前で話すことに恐怖心が芽生えてしまい、不安になり緊張して手足が震える悩みがありました。

1回目のセッション後から恐怖心がなくなり、回数券を購入されて、見事にあがり症を克服されました。

【事例7】

話し方教室で何十万円も使っても改善しなかった患者様

(「人前で話すことができるようになりました。心と体がいやな気持ちがスーと抜けてなくなりました。」と患者様の声を頂きました。

こちらの患者様は、現場で毎日の朝礼があり、かなり悩まれていた患者様です。話し方セミナーに何十回と参加されてもセミナー中も緊張してしまう・・・。

あがり症〇〇協会で、あがり症のメカニズムを勉強しても改善せず・・・。どんなに頑張っても場数を踏んでも練習しても緊張してしまう・・・という悩みでした。

当院に来院される患者様に最も多い、極度のあがり症でお悩みの患者様のタイプです。

でも、見事に「あがり症を克服」されています!

【事例8】

朝礼の申し送り事項で緊張してしまう患者様

(「一生あがり症が治らないと思っていました!迷っている人はおススメです」と患者様の声を頂きました)

こちらの患者様は、施設での朝礼で、申し送り事項として、夜勤と日勤の人の引継ぎの連絡事項を伝える数人で、極度に緊張してしまうあがり症でした。

患者様は、人と接するのが苦手、過去のトラウマなど色んな辛いことを抱えて社会人になり苦しんでおりました。

途中から、あがり症の症状だけではなく、過去のトラウマやマイナス思考、ご自身の性格に対するセッションなど、色んなことに対応させて頂きました。

その結果、ご自身の性格も好きになりマイナス思考になることも殆どなくなり、嫌なことも殆どなくなったそうです。

【事例9】

緊張して手足が震え自分の意見が言えない

(「セッションを受けて”人前に立つ”ということを想像した時の体・心の重たさが消えて楽になりました」とお声を頂きました。」

こちらの患者様は、深夜バスで遠方から来院された患者様です。

当院は、日本全国から「あがり症を克服したい」と思う患者様が来院しております。

こちらの患者様は、あがり症で人前に出ると緊張して、手足が震え、頭が真っ白になり、仕事の成果を自分でうまく表現ができないことが、辛くて来院された患者様です。

当院には、日本全国から深夜バス・新幹線・車・飛行機など遠方から色んな交通手段で来院される患者様がいます。

【事例10】

大阪で話し方講座を探していた患者様

(「仕事に対して精神的につらくなっていたのですが、セッションを受けて、心がすごい軽くなり、明日から頑張れる力を頂きました!」とお声を頂きました」

こちらの患者様の極度のあがり症で悩み来院された患者様です。

朝礼や会議での発表に対して、仕事が辛くなり悩み当院に来院されました。当院の「あがり症」のセッションは、訓練や練習がなくセッションで、人前に出る恐怖心などを緩和させるために、患者様のあがり症に関する仕事の悩みなども、一緒に解放することもあります。

私もあがり症で悩んでいました

「あがり症」のセッションをする私自身も、【極度のあがり症】で悩んでいました。

  • 人前に出るとブルブルと手足が震える
  • 人前で話しをすると声が泣きそうに震える
  • 緊張して頭が真っ白になる
  • 発表が決まると数週間前から気分が落ち込む
  • 朝礼の前日から会社に行きたくない

そのような悩みで苦しんでいました。

でも、今は自分自身が「こころのケア」のセッション受けて、あがり症を改善しました。

そして、今は私と同じようにあがり症でお悩みの方の、お力になりたいと思い、日本では珍しい【あがり症克服整体院】としてお仕事をさせて頂いております。

下記の写真2枚は、経営者セミナーのフォーラムのスタッフとして参加した時の様子です。約300人の経営者が参加されました。

壇上から席の配置などの指示などをしておりました。

約300人の前の経営者の前でスピーチをさせて頂きました。

このように、今では300人ぐらいの前でお話をすることが出来ております。

でも、私もスゴイ極度のあがり症だったので、たった二人の前に立つだけで緊張してガチガチに緊張していました。

また、ディスカッションなどでも緊張して、何も言えなくて終わったことも多々あります。

そのような私でも、練習や訓練もなく【あがり症を克服】しております。

人前で緊張して恐怖がある、人前に出ると緊張して手足が震える、声が泣きそうになる、人前に出ると思うと気分が落ち込む、うつ状態になるなど、極度のあがり症でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談下さい。

当院には、たくさんの事例として、患者様の声やパネルを持った患者様のお写真などがあります。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

ホームページは下記になります。

https://life-chiro.net/kokoro05.html

 

★おすすめ関連記事はこちら★