膝が固まる膝の痛み

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、毎月のように多くの患者様のご紹介、本当にありがとうございます。

本日は「膝の痛み」についてブログを書かせて頂きますが、

その中でも、30代~80代の幅広い年齢層に多い症状として多い、

「膝が固まる膝の痛み」について簡単に書かせて頂きます。

膝が固まる理由

正座や屈伸運動や和式トイレを利用すると「膝が痛い、膝の裏が痛い」などの悩みで

来院される患者様が増えてきています。

整形外科に行かれると、「変形性膝関節症」もしくは「ベーカー嚢腫」と診断される方が多いみたいですね。

「膝が固まる膝の痛み」で、特に正座や和式トイレで足を深く曲げた時に、

膝の裏が痛い場合は、整形外科や整骨院で電気治療やリハビリをしても、

症状の緩和は一向に進まない場合も多くあります。

痛みの場所が分からない

膝が固まったり、膝の裏が痛い場合は、症状的に言えば少し厄介な症状です。

その理由として膝だけでなく、ふくらはぎの筋肉や膝を曲げる為に必要な筋肉など

あらゆる膝に関する部分を痛めてしまうために、特定するのは非常に厄介です。

だからこそ患者様のひとりひとりの症状に向き合う必要があります。

年齢や性別や動作によって痛みの原因が全く違います。

そのために触診能力や施術時間も掛かります。決して膝の施術は流れ作業のように出来ません。

片膝を施術をするために30分~40分もの時間が掛かります。

膝の痛みは非常に厄介

特に膝が固まってしまい伸びない状態の患者様は、膝回りの筋肉もカチカチに固まっているために、施術するもの困難になります。

少し痛い所を探しては施術をする。

また触診して痛い所を探しては施術をする。

その繰り返しを30分~40分掛けて行います。

そのために非常に触診が大切になりますのでオールハンドの手を使って行います。

それだけ膝の施術は手から伝わってくる感覚が重要になります。

カイロプラクティックは膝の施術が得意

痛みの度合いにも施術方法は違ってきますが、当院のカイロプラクティックは、

膝だけでなく足首や骨盤周りも必要な場合は施術をします。

膝を支えているのは足首です。

また膝は骨盤も支えています。

色んな視点から膝の症状を疑い、体全身を施術することを得意としているカイロプラクティックだからこそ、多くの患者様の膝の症状を緩和することが出来ます。

膝が固まる膝の痛みや和式トイレで膝が痛いなどでお悩みの方は、

ぜひ、当院のお越しください。

当院のカイロプラクティックはバキバキしない非常にソフトで優しい施術を行います。

当院の膝のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n5.html

首と頭の付け根が詰まる頭痛

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院、本当にありがとうございます。

また毎月のようにたくさんの患者様のご紹介、本当にありがとうございます。

本日のブログは「首と頭の付け根が詰まる頭痛」について書かせて

頂きます。

あなたの姿勢は猫背ですか?

いつもあなたの姿勢はどんな姿勢ですか?

仕事をしている時、スマートフォンをしている時・・・。

想像して下さい。

  • 足を組んでいませんか?
  • 猫背でパソコンを触っていませんか?
  • 首を前に突き出していませんか?
  • 肘をついてませんか?

全て猫背になる原因の姿勢です。

この姿勢が、「首が詰まる頭痛」の原因になります。

全て顎(アゴ)が上がっている姿勢になります。

首の付け根が詰まるとどうなる・・・

上記のイラストは後頭部のイラストです。

黒色の〇で囲まれているのが、環椎後頭関節(かんついこうとうかんせつ)という

首と頭の関節です。

この環椎後頭関節は、人間の背骨の最後の関節で体全体のバランスを取っているために、非常に重要な関節になっています。

そして、この関節の周りには頭を支える為に、非常に小さくて強度の強い筋肉がたくさんあります。

また厄介なことに頭を支えているために、この筋肉は休まることがなくいつも緊張しているので「筋肉がほぐれる」という自然治癒力は働きにくくなります。

首の付け根から頭痛は薬でも効果が弱い・・・

当院には頭痛で何年も薬を飲んでも改善されない患者様が来院されます。

なぜ?ずっと薬を飲み続けても頭痛は改善しないのか・・・。

薬は根本的な解決にならないからです・・・。

先ほどの後頭部のイラストを見て頂きたいのですが、黒色の〇で囲まれている

環椎後頭関節(かんついこうとうかんせつ)には、たくさんの小さく強い筋肉があります。

この筋肉の下には、頭に流れる動脈や静脈があり脳に新鮮な血液や酸素を送っています。(赤色と青色が動脈と静脈です)

また血液や酸素だけでなく神経のたくさん頭に張り巡らされています。(黄色の線です)

この大切な動脈と静脈と神経が、環椎後頭関節周りの筋肉に圧迫されることが非常に多くあり、薬で症状が緩和しない頭痛になっている可能性があります。

首と頭の付け根が詰まる頭痛の原因になります。

骨盤や背骨の矯正と重要になる

上記の患者様は猫背矯正で来院された患者様です。

左の写真が施術前、右の写真が施術後の写真になります。

見て頂くと左の施術前の猫背の姿勢ですが、何となく首と頭のバランスが悪く、

詰まっている感じが分かります。

この状況では、後頭部のイラストの黒色の〇で囲んでいるところに負担が掛かり

後頭部付近の筋肉が凝り固まり、神経・動脈・静脈を圧迫してしまいます。

このような姿勢で日常生活を送っていると頭痛の薬を飲んでも効果ありません。

根本的に骨盤矯正や姿勢矯正をして首への負担を取り除く必要があります。

 

薬を飲んでも治らない頭痛や首と頭の付け根が詰まる頭痛でお悩みの方は、

ぜひ、当院のカイロプラクティックを受けて根本的に頭痛の原因を取り除きませんか?

当院の頭痛のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n14.html

 

原因不明の不妊症を乗り越えて2人目がめでたく妊娠!

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院本当にありがとうございます。

当院は、不妊整体としても多くの実績があり、多くの情報を提供するために、

色んな方のコラムを集めています。

当院のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html

今回の妊活コラムは「原因不明の不妊症を乗り越えて2人目の妊娠をされた方です

 

簡単にできると思っていた2人目

私は一人目の子供を33歳で妊娠しました。この時は計画的に、「この時期!」と狙って子作りをして見事に的中。

妊娠に苦労した印象は全くありません。

そんな一人目妊娠だったので、二人目が欲しいと思った時に、

まさか『自分が不妊である』ことに気がついてはいませんでした。

私が二人目が欲しいと思ったのは、35歳の時です。

一人目の断乳を終え、生理が再開し将来的なことを考えると、「二人目を作るなら今だ!」と思って、子作りを再開しました。

しかしそんな私たちの意に反して、なかなか二人目を授かることが出来ませんでした。

出産で体質が変わった・・・?

出産の後で、ホルモンのバランスが崩れたのかな?

それとも体がまだ本調子に戻っていないのかも…と思いながら、

不安な日を過ごしていました。

二人目を考え始めて、約1年が経過しても妊娠をしないので、健診も兼ねて産婦人科へ行くことにしました。

そこでホルモン量を見るための採血検査やエコー検査をしてみたものの、

不妊につながるような直接的な原因は見当たらないということでした。

もしも何らかの原因が明らかにわかれば、それを治療すればよくなり、私も安心することが出来たと思います。

しかしながら、明らかな原因がない、不妊である理由がわからないということが一番の不安でした。

妊活にのんびりしている時間はない・・・

それでも、既に年齢は36歳を超え、のんびりしている猶予はありません。

出来る限りのことはしなくては…と思い取り組みはじめたのが、自律神経やホルモンを整えるための生活習慣の改善です。

その中でも一番力を入れたのは『冷え性の改善と骨盤矯正』ですね。

二人目を意識し始めた時から、基礎体温をつけはじめ、産婦人科の医師からも体温が低すぎると指摘を受けていたことがあるからです。

そして不妊に対応しているカイロプラクティックでの骨盤矯正です。

一人目を出産してからは子育てで忙しく、入浴はおろそかになっていました。

子どもと一緒に入浴しても私だけが『体を温まるためにゆっくり入浴をする』ということはありませんでした。

冷え性を予防し体温をあげる為、まずはゆっくり体を温める時間を作ることにしました。

そして次に行ったことは、しょうがなど体を温めるものを積極的にとったことですね。

なるべく体を冷やすようなものは摂取せず、体を温めるものを摂取するように心がけました。また夏でも長袖とパンツということを心掛けました。

また、一人目を授乳したり抱っこしていると骨盤も歪みます。そのために月に2回ほどカイロプラクティックで骨盤矯正とリンパにある老廃物を排出しました。

自分でも出来る限りのことをしながら、病院でもタイミングをチェックしてもらい、無事に妊娠できたのは、37歳の時です。

今回妊娠したかも…と思った時には、体の暑い日が続いていたと感じています。そんな私の二人目不妊。原因はわかりませんでしたが、生活改善や体質改善で少しずつ妊娠しやすい身体に変化していったことは確かだと思います。

全体を温めることは必要なこと

上記のコラムを頂いた方は「体質改善のために体を温める」「骨盤矯正」をすることを大切にされたみたいですね。

当院も体質改善が卵質改善につながることを大切にしております。

体を温めることで重要なことが1つ・・・。

当院に来院される妊活の女性は、鍼灸院で子宮を温めている方がいます。

実は逆効果なんです・・・。そのことは当院のホームページにも掲載しております。

子宮は体の深いところにあり血液も豊富なので、とても温かいです。

その温かい子宮を無理矢理に鍼で温めてしまうと、極度に子宮の温度はあがってしまい、今度は子宮を冷やそうと脳は働きます。

お風呂も一緒ですが、体が温まってくると汗をかくのと同じです。

そのために温め過ぎると子宮はストレスを抱えてしまいます。

自然な体の温め方を取って下さい。冷えは体にストレスを与えてしまいます。

程よく自然にです。

そうすれば、体質改善になり「卵質改善」が行われます。

(「待望の2人目に出会えて幸せです!先生ありがとう」とお声を頂きました。)

不妊症で悩んでいる・・・。でも不妊症という病気はありません。

一回でも婦人科に通われると不妊症という言葉になってしまう矛盾した言葉です。

ぜひ、妊活で悩んでいる方は、当院の施術を受けてみませんか?

当院のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n23.html

首を回すと背中と肩が痛い

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くのご予約ありがとうございます。

また、毎月多くの患者様のご紹介本当にありがとうございます。

最近は、患者様に「どなたかたのご紹介ですか?」と伺うと

「複数の人からいいって噂を聞いたので」と嬉しい言葉を頂くことが増えています。

益々、頑張ってより皆様を健康に導きたいと思っております。

 

本日のブログは「首を回すと背中と肩が痛い」という症状について書かせて頂きます。

首の歪みより複雑な背中の歪み

当院に来院される患者様の中でも「首を回すと首が痛い」という患者様が多くいます。

実際は、首を回すと首だけでなく、「肩や背中も痛い」という患者様も多くいます。

体は全てが繋がっています。

そのために首を回すと色んなところが痛くなる場合が非常に多くあります。

でも共通して多くの方は下記の事があります。

  • 姿勢が悪い
  • 猫背になっている
  • 足を組む癖がある
  • スマホばかりしている
  • パソコンばかりしている
  • テレビを見る時間が多い

など、日頃の悪い姿勢や日常生活で、骨盤が歪んだり背骨が歪んだりします。

骨盤や背骨の歪みに気が付かずに生活をしていると、

今度は肩甲骨が歪んでしまいます。

肩甲骨の周りの歪みは首にも影響する

上記のイラストは、左側の背中のイラストです。

青色の三角で囲んでいるところが肩甲骨になります。

たくさんの筋肉で囲まれているために肩甲骨を触診するもは難しいです。

豆知識として、肩甲骨の上には、

棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)という筋肉があり、五十肩の症状にも大きく影響する筋肉がたくさんあります。

その肩甲骨は、骨と骨との関節面が非常に少なく筋肉よって支えられている大きな骨です。

そのために日常生活で、猫背や足を組んだりしていると骨盤や背骨が歪みます。

そして筋肉で支えられている肩甲骨は簡単に歪んでしまい、筋肉がカチカチに固まってしまい大きな影響を与えてしまいます。

例えば、上のイラストで示している矢印の方に肩甲骨が歪んでしまうと、

赤色の丸の部分に負担が掛かり、首を回すだけで痛みが出てしまいます。

体は痛いところだけが原因ではない

上記の患者様は、病院で頚椎症(けいついしょう)と診断されて長年の間、首を動かすと背中や肩が痛かった患者様です。

施術前の写真と施術後の写真を見て頂くと全く違うの分かります。

左の施術前の写真は、猫背で首に負担が掛かっているのが分かります。

右の施術後の写真は、肩の上に首が乗って首に負担が掛かっていないのがわかります。

体の痛みは全て、体の歪みによって発信している「助けて」のサインです。

これ以上、私の体が歪むと体が大変なことになる」というサインです。

そのサインの一つが、首を回すだけでも、首や肩や背中が痛くなるという症状が現れます。

また、「首が痛くて全く動かない」という症状は非常に危険です。

いち早く整形外科でレントゲンが必要になります。

レントゲンを撮って異常がなければ当院で施術をさせて頂きます。

人間の体は全てが繋がっています。

肩こり・腰痛をはじめ、首を回すだけでも痛い患者様は、ぜひ、当院のご来院下さい。

当院の首の痛みに関するホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/n2.html

 

腰痛が辛い、産後の骨盤矯正をしていない

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、最近は川西市をはじめ、池田市・宝塚市・西宮市・三田市・伊丹市など

多くの地域の患者様が来院して頂いております。

本日のブログは、「産後の骨盤矯正」について書かせて頂きます。

産後に骨盤矯正をする時間や、骨盤の重要性が分からなく、

骨盤矯正をされていない方も多くいます。

その殆どが腰痛に悩まされているみたいです。

出産時に骨盤は大きく緩みます

多くの方がご存知と思いますが、出産時に骨盤はホルモンの影響により、

靭帯(じんたい)や関節(かんせつ)が大きく緩み骨盤は開きます。

そして赤ちゃんが産道を通ります。

そして出産後はゆっくりとホルモンの分泌が終わると同時に骨盤は、

自然治癒力で緩んだ靭帯や関節が元に戻ろうとします。

ここで問題があります。

赤ちゃんが産道を通ると同時に母体にも大きな負担が掛かります。

骨盤周りの関節、靭帯などあらゆる組織に負担が掛かり出産をされます。

その大きな負担が骨盤を正常な位置に戻らない理由の一つになります。

産後の骨盤矯正は重要

上記はお尻から見た骨盤のイラストです。

骨盤は3種類の4つの関節で支えられています。

  • 赤色で示している腰と仙骨(せんこつ)・尾骨(尾骨)を繋ぐ関節
  • 青色で示している骨盤と仙骨を繋ぐ関節
  • オレンジ色で示している恥骨(ちこつ)と恥骨を繋ぐ関節

この関節によって骨盤は安定を保ち、体を支えています。

そして綺麗な骨盤だと肩こり・腰痛もかなり軽減されます。

出産で骨盤は歪んでしまう

多くの方は、耳にしたことがあると思います。

  • 足を組んじゃダメ
  • 姿勢を正しなさい
  • 片足に体重を掛けちゃダメ
  • お姉さん座りをしちゃダメ

なぜ、このような姿勢をするとダメなのか・・・

その理由は姿勢が悪くなり骨盤や背骨が歪むからです。

歪んだ姿勢のまま妊娠して出産すると、

緩んだ骨盤はさらに歪んだままに固定をされてしまいます。

そのために妊娠前から定期的にカイロプラクティックのメンテナンスは重要になりますが、産後の後でも手遅れではありません。

ただ、少し腰痛や肩こりが酷い場合があります。

でも、安心して下さいね。

当院のカイロプラクティックがあります。

カイロプラクティックで産後の骨盤矯正

上記の患者様は出産後に骨盤矯正で来院された患者様です。

左の写真が施術前で右の写真が施術後の写真です。

右利きの患者様なので、いつも左腕で子どもを抱っこしているそうです。

そのために産後矯正の骨盤ベルトを使っても骨盤は歪んでしまい、

猫背になり左肩が下がっているのが施術前の写真から分かります。

また、日常の生活で歪んでまま出産すると、歪んだまま元に戻りますが、

赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしていると必ず骨盤ベルトだけでは補正できない、

骨盤の歪みが出てきてしまいます。

そのためにどうしても骨盤矯正は産後の女性には、必要不可欠になります。

また、骨盤を矯正できるのはカイロプラクティックだけになります。

産後の骨盤矯正をお考えの方や、産後に腰痛や肩こりでお悩みの方は、

ぜひ、当院のカイロプラクティックの施術を受けませんか?

当院のカイロプラクティックは、バキバキしない非常に優しい施術方法を使います。

 

産後の骨盤矯正のホームページは下記になります。

http://life-chiro.net/sango.html