膝痛

【川西能勢口駅直結】徒歩2分|膝の痛みを緩和する整体院

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、毎週のように多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

本日のブログは【膝の痛み】の緩和について当院の実績と共にブログを書かせて頂きます。

先に大切なポイントをお話させて頂きます。

当院には、病院の先生や医療従事者の方が多く来院されます。

そして最近、よく耳にする言葉が・・・

ポイント

最近、病院にくる患者さんは、骨折や膝の痛みで来院される方が非常に多い

と言われます。

その理由は・・・多くの方が「新型コロナウイルス感染症」によって外出する機会が減り足腰が弱くなったのが理由です。

ご存知でしょうか!

足腰が弱ると足が上がらないために簡単に転んでしまい、骨も弱くなっているので簡単に骨折をしてしまいます。

また、リモートワークなどで外出機会が減ると、足腰が弱り関節も弱くなるために、40代~60代の若い方でも膝の関節に負担が掛かり、変形性膝関節症などの症状に悩まされます。

以前まで当院に来院される、変形性膝関節症や膝の痛みでお悩みだった患者様は60歳以上の方が非常に多くいましたが、今では40代~60代の患者様が非常に多くなっています。

多くの方にご質問をすると・・・。

  • スポーツジムに行かなくなった
  • 外出する機会が減った
  • 歩くのは会社と家の往復だけ
  • 必要以上の用事で外出しなくなった
  • 歩く距離が減った
  • ウィンドウショッピングをしなくなった

など、コロナウイルス感染症の前とは極端に歩く量が減っている方が、足腰の筋肉・膝周りの筋肉が減り、膝に痛みなどの症状が現れています。

膝の痛みの緩和について・・・

膝の症状に関しては色んな症状があります。

当院に来院される患者様の主な膝の症状をご紹介させて頂きます。

主な膝の症状

  • 歩くだけでも痛い膝の痛み
  • 階段の上り下りで痛い膝の痛み
  • 膝が痛くてこわばって伸びない
  • 膝を曲げると痛い悩み
  • 和式トイレが辛い膝の痛み
  • 膝がまっすぐ伸びない痛み
  • 膝をつくと痛い

など膝の痛みでも色んな症状で患者様が来院されます。

では、これらの症状は全て【膝の軟骨】が原因なんでしょうか・・・。

実は違います!

軟骨が擦り減って膝が悪くなっているのではなく、

ポイント

膝が悪くなって膝の軟骨が擦り減っています。

当院に来院される膝の症状でお困りの患者様の多くは、整形外科で「軟骨が擦り減っている」「手術をしないといけない」と言われる方が非常に多くいます。

でも、軟骨が擦り減る原因を取り除けば症状が大きく改善されます。

そのことを知っている当院だからこそ、関西全域から膝の症状でお悩みの患者様が多く来院されます。

ここからは、患者様の声をご紹介したいと思います。

ホームページにはもっと詳しく膝の症状についてまとめいますので、ぜひご覧下さい。

当院の膝の痛みのホームページは下記になります。

膝の痛みのホームページ

 

膝の痛みでお悩みだった患者様の声

(症状)

変形性膝関節症

(感想)

先生のご診察を受けてまるで「地獄で佛」に出会った様に思います。
46年間ずっと膝が痛くて、歩くのも速く歩けなかったのですが、歩きやすくなり、最近O脚がひどいと思っていたのですが、まっすぐに伸びた様に思います。
身長も157cmだったのが今は150cmと7cm減となりました。痛いのでつい歩かなくなり、一日中じっと動かなくなり、これからどうなるのかと案じておりましたが、孫が野球をしており腰を痛めた時に先生のご診察で良くなったと教えてくれたお陰で先生のご診察を受ける事が出来、本当にありがたく感謝致しております。
先生は(ゴッド・ハンド)神の手だと思います。


40年以上も痛みに耐えていた方がご紹介で来院されました。

整形外科では【変形性膝関節症】と診断されヒアルロン酸注射や軟骨が増えるサプリメントを飲まれていました。

でも、原因は軟骨ではなく、膝が悪くなって軟骨が擦り減っただけだと推測しております。

患者様の声にも(ゴットハンド)神の手とありますが、ただ患者様の膝を一生懸命に施術をした結果です。

軟骨が擦り減ったことだけに着目するのでなく、膝が悪くなったことに着目すると症状も大きく改善されます。

(症状)

変形性膝関節症

(感想)

永年、膝の痛みに悩まされ、最近は膝まずく事すら出来ず悩んでいました。
ネットで膝の痛みで検索していて、たまたまこちらを見付け何度もネットの手技の説明を読みココダ!と思いすぐに電話をしました。
結果、1度目で1カ月以上膝まずけなかったのができるようになり、感動しました。


上記の患者様も整形外科で軟骨が擦り減っている【変形性膝関節症】と診断されました。

でも実際は・・・、仕事で車の運転をされている方で、膝を長時間曲げたまま動かさないために、

膝のお皿が少し歪んでしまい、施術をさせて頂くと大きく症状は改善されました。

(症状)

変形性膝関節症

(感想)

膝が痛くて階段の上り下りが出来なく半年間、整形外科に通いリハビリをしていましたが全く痛みが改善されず悩んでいました。
先生の魔法の手で治療をして頂いて数日で手すりを使わず階段が歩けるようになりました。
お体の不調の方は本当におすすめです。


上記の患者様も【変形性膝関節症】と診断された患者様で半年間も整形外科にリハビリに通われていました。

男性で体重も結構ある方なので、膝の負担は大きくありましたが、症状が改善され今では普通に歩けるようになり

メンテナンスで数ヶ月に1回来院されるぐらい症状も大きく改善されております。

(「すごく痛かった膝が歩けたり走れたり、階段も楽に歩けます。おすすめです!!」と患者様の声を頂きました)

 

このように、整形外科や整骨院で改善されなかった【膝の痛み】が大きく改善されております。

その理由は、多くの臨床経験によってあらゆる視点から膝の痛みの原因をチェックすることが出来るからです。

膝の軟骨が原因なのか?

膝のお皿が原因なのか?

膝の裏の筋肉が原因なのか?

運動不足で膝が痛くなっているのか?

過去にスポーツをした時の古傷なのか?

ヒールで足の形が悪くなったのが原因なのか?

など色んなことをチェックするからこそ、多くの患者様がご紹介で来院されております。

膝の痛みの原因は【軟骨】だけではありません。

運動不足も大きく関係します。

膝の関節は筋肉によって支えられているために、筋肉が弱くなると膝の痛みの原因になります。

膝が痛くなると、膝に力が入らずに転倒のリスクも上がります。

整形外科で【変形性膝関節症】と診断された方や最近【膝が痛い】など膝に関する症状は、ぜひ当院にご相談ください。

当院の【膝に関するホームページ】は下記になります。

膝に関するホームページ

最後に、膝に痛みがあるときに、膝周りの筋肉を鍛えると返って痛みが酷くなる場合もあります。

膝が痛い時は、なるべく運動は控えて頂ければと思います。

膝の痛みが緩和されれば運動をして、膝周りの筋肉を鍛えて下さい!

★おすすめ関連記事はこちら★

-膝痛

© 2021 ライフカイロプラクティック スタッフブログ Powered by AFFINGER5