股関節まわりの痛み

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また予約がいっぱいで患者様にはご迷惑をお掛けしております。

営業時間は朝10時~夜20時ですが、20時以降でも対応させて頂きますので、遠慮なしにご連絡を下さいね。

今回は「股関節周り」の痛みについて少しブログを書かせて頂きます。

座り仕事の患者様と立ち仕事の患者様では若干症状が違う傾向があります。

今回は「立ち仕事」の患者様の症状を書かせて頂きます。

立ち仕事の股関節の痛み

長時間の立ち仕事をしていると多くの方は、右足か左足に体重を掛けてたっていると思います。

仕事の時間が長くなればなるほど、体は疲労で楽な姿勢を取ろうと勝手に脳が命令をします。

でも、その楽な姿勢が骨盤や股関節の歪みに繋がります。また同じ足に体重を掛けていると足首や膝にも影響を与えてしまうために全身倦怠感に襲われる方もいます。

股関節は骨盤や上半身を支えている非常に重要な関節です。

また股関節と骨盤は構造上、非常に簡単な関節をしているおり、筋肉や靭帯によって支えられているために、片足に体重をかけてずっと立っていると大きな影響を受け、骨盤や股関節周りの関節に不具合が生じてしまいます。

股関節の歪みの原因

ここからは痛みの原因をイラストを使って説明します。

上記のイラストは、お腹からみた骨盤のイラストです。

〇で囲んでいるのが股関節になり、骨盤との関節の結合部になります。

見て頂くと複雑な関節ではなく股関節に骨盤が乗っているだけの非常にシンプルな関節になります。

この関節は簡単にズレないように非常に強力な靭帯や筋肉によって固められていますが、もし左側に体重を掛けて立って仕事や日常生活を送っているなら、股関節は左側の矢印の方に力が働くと同時に骨盤も股関節も矢印(上半身)の方に歪んでしまいます。

骨盤の痛みの原因

股関節と骨盤はシンプルで簡単な関節の構造になっているために筋肉と靭帯が非常に大切な役割があります。

上記は、お腹から見た骨盤です。先ほどのイラストに筋肉を付けた写真になります。

見て頂くとわかりやすいのですが、股関節の周りにはこれだけ多くの筋肉が絡み合って股関節と骨盤の関節を支えています。

左側に体重を掛けていると、股関節は上半身の方にズレようとしますが、股関節周りの筋肉がズレるのを防ぐためにがっちり固めています。

ただ長時間の左側に体重を掛けていると、筋肉は硬くなり固まったままになります。また固まって厄介な筋肉としてインナーマッスルがあります。

その筋肉は、大腰筋(だいようきん)と腸骨筋(ちょうこつきん)です。

インナーマッスルは非常に強い筋肉で体幹(たいかん)を支えていますが、一度痛めてしまうと、ご自身の自然治癒力では解決できないぐらいの痛みが出てしまいます。

またインナーマッスルであるために湿布を貼っても効力が届きにくく、骨盤の前にあるためにお尻からマッサージや電気治療をしても効果ありません。

股関節周りの施術はカイロプラクティックが得意

股関節周りの施術は非常に厄介で複雑なために、どうしても訓練された触診が必要になります。

またカイロプラクティックは関節や骨格だけでなく筋肉や筋膜にも精通した施術方法があります。

そのために股関節周りの痛みの患者様はカイロプラクティックを選ぶ方が非常に多くいます。

またプロスポーツ選手もカイロプラクティックのトレーナーを同行させることが多く、その理由として股関節周りのインナーマッスルを施術する方法があるからです。

ただ、一度痛めてしまった股関節周りを施術するには、非常に複雑な筋肉が絡み合っているために若干の時間が掛かってしまいます。

症状や痛みの度合いで変わってきますが、もし一度や二度の施術で全ての痛みを取り除くことは難しいかもしれません。

それでも多くの股関節の痛みで悩んでいる患者様が来院されています。

股関節周りの痛みや腰痛、肩こりでお悩みの方は、ぜひ当院にご相談くださいね。

 

当院のホームページは下記です。

https://life-chiro.net/index.html

住所:兵庫県川西市栄町10-5パルティ川西2階

(阪急川西能勢口駅から徒歩約2分)

★おすすめ関連記事はこちら★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です